1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和の文化
  4. 十月花形歌舞伎「GOEMON」 ときめき☆平成歌舞伎、連載2回目

十月花形歌舞伎「GOEMON」 ときめき☆平成歌舞伎、連載2回目

  こんにちは。安積美香です。 ときめき☆平成歌舞伎、連載2回目です。 1回目のアップ後、 みなさまのあたたかいメッセージ、コメントなどなど。 ありがとうございます! 元気百倍! がんばります!!  

■江戸時代から続く、歌舞伎流! 御贔屓さまへの「お・も・て・な・しっ♪」

  十月花形歌舞伎 「GOEMON」。 みなさま、観に行かれましたか~? わたくし。18日の土曜日に、母親と行ってまいりました~☆   10月花形_玄関02   開演前の松竹座の玄関でパチリっ! 母撮影。 (ちょっと、表情がかたいですね・・・)   玄関左右横に出演俳優さんの幟。 今井翼さんの幟もちゃんとありましたよっ☆ いつもの歌舞伎と違うことを発見してテンションの上がる↑↑↑わたくし♪ 記念撮影する人。 お弁当の申し込みをする人。 待ち合わせをする人。 足早に劇場内へ入る人。 いろんな人でにぎわっていますが、 みんな、これから始まる舞台を楽しみに、気分高揚中~♪   舞台。 盛り上がりましたね~!! 花形役者さんたちのキラッ☆キラの大熱演にドキドキっ! 脇を固める熟練役者さんたちの渋~い演技に、クスッ(笑) 情熱的なフラメンコに、うっとり~。 三味線とギターの掛け合い!めずらしい~!!   今回のお席は、1階花道横。 開演前にわたくしの席から、舞台と花道を撮ってみました。 (今回は、最初から最後まで幕が開いた状態でした) 10且花形_舞台   花道横って 役者さんが近い!!! こんな手の届きそうな(伸ばせば、届く!)ところで 約1年ぶりの観劇だった母も、楽しんだようです♪♪♪   花道って、歌舞伎独特の舞台構造ですよね? 正面の舞台から客席に向かってのびる細長い舞台の一部。 江戸時代から、あるんですよ! お芝居によって、 道だったり、廊下だったり。 川や海になることもあります! 駕籠や馬、舟だって通ります!   花道には、暗黙のルールがあるんです! それは、「必ずいったん止まって、何かする」こと! (罰ゲームじゃないですよ。。。) その、必ず止まる場所も決まっていて 「花道の七三(しちさん)」と言います。 客席の前から3列目くらいの場所です。   石田局が「聚楽第に来るように!」との秀吉の命を受け、 死を覚悟して、カルデロン神父と友市と別れる場面。 舞台から友市が、「母上~~~!」と、叫んで 石田局が泣きながら止まった場所。 あの場所が、「花道の七三」。   役者さんが、花道から舞台へ行くとき。 逆に、舞台から花道を通って、引っ込むとき。 必ず立ち止まって、台詞を言ったり、見得をきったり、踊ったり。 正面の舞台よりも客席に近いところまできてくれるのに、 さらっと通過したら、つまんないですよね?   阿国にフラメンコを伝授して 花道の七三で、満足な笑みをうかべる五右衛門。 リアル3D!舞台から飛び出す、愛之助さん。 好きな役者さんを近くで、た~っぷり観たい!! そんな夢を叶えてくれる 「お・も・て・な・しっ♪」のひとつなんです!   今回の「GOEMON」は、もっと、近かったですね。 客席の通路も、使いまくり。 1階席だけじゃなく、2階席まで駆け回っての大立ち回り!!! そして、2回も空を飛びました! わたくしは、 愛之助さんの足の裏を(2回も!)しっかり、観てきました~(笑)! 宙乗りは、2階席、3階席で観るのが盛り上がりますね☆   テレビより近くで、生で、役者さんを観ることができる劇場。 目が合っちゃうかも♪ ドッキドキ。ときめいちゃいますね。 同じ時間、同じ場所でお芝居を共感できる贅沢! ときめいちゃった人! 熱が冷めないうちに、また劇場へ行きましょうね♪   10月、行けなかった人! ぜひ次回、行ってみましょう☆   安積さんPF この記事に関しての感想、苦言、ご指摘、ご要望は、 「和の素敵」へご連絡ください。 info@wanosuteki.jp    ]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事