Slider
Arrow
Arrow
Slider
読みもの

箸の持ち方を正しく綺麗に使う方法について

箸の持ち方を正しく綺麗に使う方法について
箸の持ち方が正しい人は世の中に意外と少ないもの。 ご飯が食べられれば多少持ち方なんて気にしない…という人もいるかもしれません。 しかし箸の持ち方は正しい方が見た目も美しく、効率的にもなるのです。 そこで箸の持ち方を正しくして、綺麗に使うコツを見ていきたいと思います。 箸の持ち方基本ポイン...
読みもの

今日の浄住寺 2017.04.02

近代の大造園家・重森三玲によって創設された「京都林泉会」の皆さんがお参り。 葉室山浄住寺の方丈庭園のナゾを見事に紐解き、その凄さ、表現された尊さに圧倒されるようなお話を頂戴しました。 それは、...

読みもの

和食器の魅力とは?持つことによる得られるもの

和食器の魅力とは?持つことによる得られるもの
一点物が多いと言われている和食器。 洋食器とは違った味わいと温もりがあり、食卓に彩を与え楽しませてくれます。 料亭に出された料理を舌で味わう前に、器や盛り付けを見て食べてしまうのが惜しく感じてしまいませんか? どこか重みがあり、落ち着いた雰囲気を持ち合わせている食器には、どんな魅力が隠され...
読みもの

普茶料理、「五観の偈」をご存知ですか。

  普茶料理(ふちゃりょうり)をいただきに、葉室山浄住寺を訪れました。 普茶料理とは、江戸時代初期に中国から日本へもたらされた黄檗宗に伝わる精進料理だそうです。 調理の際に残ったへたなども余すことなくいただくために、 細かく刻んで葛でとじ、雲に見立た雲片(ウン...
読みもの

花を愛でる日本人

今年は寒い春を迎えている京都ですが 日本各地で待ちに待った桜が開花を迎え 至る所でお花見が開かれていますね   私も一昨日はまだ蕾の桜の木の下でお花見 昨日は知恩寺でお...

読みもの

浄住寺「三木会(さんもくかい)」4月 

春の訪れ、花のマツリと隠れ禅寺和文化の集い「三木会」  2017年4月20日   洛西の非公開寺院葉室山浄住寺、毎月第三木曜日は月イチ特別公開サロン「三木会」。 三木会では、月イチで淨住寺を中心としたご縁を育む時間を、ご用意させていただいております。 淨住寺に関...
Translate »