Slider
Arrow
Arrow
Slider
読みもの

もうじき八十八夜、茶摘しますよ。 by浄住寺

  浄住寺で5月4日、茶摘みをします。 連休ですがお時間のあるかた一緒に茶摘みを楽しみませんか。   もうじき八十八夜、今年は5月2日。 八十八夜は雑節のひとつです。 雑節とは二十四節気以外に、季節の変化の目安とする特定の日の総称です。 他に...
読みもの

春の童謡のおすすめといえばこの5曲!

春の童謡のおすすめといえばこの5曲!
桜が咲いて春の知らせを知ると、懐かしいあの歌をつい口ずさんでしまいます。 童謡には季節ごとの歌があり、四季を感じることができる素晴らしい日本の歌です。 大人になっても、子供の頃に歌った童謡は忘...

読みもの

ふと思ったこと 「文化」

  ふと思ったこと。 現代の私たちには、 宗教的な「思想」よりも、 古来より受け継がれてきている『文化』に触れ、心で何かを感じることの方が大切なのではないだろうか。 ...

読みもの

今一度知りたい、日本人とお茶の歴史02『「葉室」とは?』

大阪府南河内郡の葉室公園。   藤原氏である葉室家は、葉室という地名に因んだ家名です。 洛西は葛野郡葉室に所領を得た藤原氏の一派が、葉室家を名乗るようになりました。 では、「葉室」とはどのようなことばなのかが、気になるところです。 音は、「ハムロ」。 ハとムロに...
読みもの

新月、そして旧暦四月の始まり

昨日、4月26日(水)21時17分は 牡牛座の新月 旧暦の4月1日 昔の日本であれば、昨日から卯月(四月)となります 太陽歴ではもうすぐ五月 旧暦は月の満ち欠けで一か月を数えたもので ...
読みもの

かさねの美 1

  日本人は何でもかさねてきました。 土着の神々に仏をかさね、神事に直会をかさね、正道に邪道を、美しいものにはわしいものを重ねてきました。 かさねとはどうすることか...

読みもの

益子焼の特徴について理解してみよう

益子焼の特徴について理解してみよう
どっしりとした貫禄のある焼き物のひとつに、茨城県の民芸陶器を思い浮かべます。 落ち着いた色合いで、見た目を裏切らない重さがあるのも益子焼の特徴です。 益子焼は1966年頃から、ゴールデ...

読みもの

今一度知りたい、日本人とお茶の歴史01『葉室茶と叡尊』

葉室山淨住寺境内に育つ茶木と、茶の花。 寺院には、「○○山」という山号が冠されています。 これは元来、寺院は仏道修行に励むため、山中に営むことからきています。 葉室山淨住寺の場合は、「葉室山」が山号にあたります。 寺伝では、淨住寺は平安時代に仏舎利の安置するところとして天台寺院で...
Translate »