1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和の徒然
  4. 日本の七十二候「蒙霧升降」(ふかききりまとう) 幻想的な景色

日本の七十二候「蒙霧升降」(ふかききりまとう) 幻想的な景色

 

日本の七十二候「蒙霧升降」

こんにちは。 8月の夜空には、かつて豊作を占った星があります。 赤く輝く旱星(ひでり)と呼ばれる星。 火星、牛飼座のアルクトゥルス、さそり座のアンタレス。 その内のアンタクレスが赤く輝くほど、その年は豊作になるといわれたそうです。 あまりの真っ赤なさそりの星には酒酔い星という別名もあります。  

蒙霧升降

蒙霧升降とは、深い霧が、まとわりつくようにたちこめる季節。 「蒙霧(もうむ)」は、もうもうとたちこめる霧のこと。 「升降」は「昇降」と同じです。 霧に立ち込められた状態は、「霧の帳(とばり)」「霧の幕」と形容されてきました。 また、霧が立ち上がる様子を、お香の煙にたとえた「霧の香(か)」という表現もあります。      

この時期の果実は無花果(いちじく)

  名前の由来は、漢名の「映日果(いんじょくお)」が変化したという説と、ひと月で熟すから、あるいは、毎日一つずつ熟すから「一熟」という説があります。 無花果と書くのは、花が咲かないと思われたからです。 じつは、花は実の中に咲くそうです。 その実は、栄養価が高いといわれてるので、暑さで疲れた身体には最高の果実ですね。  

ありがとうございます。

この季節の草花に「水引」があります。 上から見ると赤く、下から見ると白い花が、細長い花穂に点々といくつも咲いています。 そのようすが祝儀の水引に見立てられて花の名前になたそうです。 紅白の花が混じるのは、御所水引、白い花だけのは銀水引といいます。   今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 濃い霧の林の中を木の葉からおちる滴(樹雨(ささめ)で夏の暑さをまぎらわせんまんか。  ]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事