1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和の徒然
  4. 卯月(うづき)「清明」  黎明書簡より

卯月(うづき)「清明」  黎明書簡より

 

卯月(うづき)

中国二十四節季の一つ。

新暦4月4日、5日ごろにあたる。

気候もすっかり温暖となり、桃やスモモの花が咲き、柳が緑にけむって、まさに清明(すがすがしい)と呼ぶにふさわしい。

唐代以降、郊外に出かけて酒宴を開く、いわゆる踏青(とうせい)の行事が盛んになったのも新鮮な緑へのあこがれのためである。

清明とは「清浄明潔」の略で「万物ここに至りて皆潔斎にして清明なり」という意味であり、これは自然の気が最も盛んになると言うことを表している。

二十四節季にはこの様に美しい言葉と先人の瑞々しい感性をう伺い知る事ができるのである。

 

己亥 四月吉辰

 

一般社団法人 和の道 黎明会 理事長  中山貴英

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事