1. HOME
  2. 和のすてき
  3. ときめき☆平成歌舞伎 安積美香さん
  4. 勧進帳 歌舞伎のよこ道あるき♪第9回

勧進帳 歌舞伎のよこ道あるき♪第9回

「勧進帳」 歌舞伎のよこ道あるき♪第9回  

南座で市川海老蔵特別公演を観てきました。

5月に十三代目團十郎白猿を襲名される海老蔵さん。

関西で海老蔵としての舞台はラスト。

その演目は、勧進帳でした☆

 

◆歌舞伎十八番

勧進帳は、市川團十郎家にとって大切な演目。

「歌舞伎十八番」とは、團十郎家のお家芸のことです。

勧進帳も歌舞伎十八番のひとつなんです。

 

これが、市川海老蔵特別公演のチラシ。

「勧進帳」の上に小さく、「歌舞伎十八番の内」と書かれています。

5月から歌舞伎座で始まる襲名演目にも

勧進帳が選ばれています!

海老蔵の締めくくり。

そして、團十郎になって最初に弁慶を演じる。

う~~~ん!

海老蔵さんの中で

勧進帳の大切度合いが、伝わってきます!

 

◆勧進帳って何?

そもそも、「勧進帳」って?

弁慶が読み上げる勧進帳には、何が書かれているの?

ピーンっと張りつめた緊張感の中、

堂々と読み上げていますが、

難しい言葉がいっぱいで、なかなか聞き取りにくいですよね?

演じる役者さんによって、若干異なりますが、

一例を挙げてみましょう!

大恩教主の秋の月は、涅槃の雲に隠れ、
生死長夜の長き夢、驚かすべき人もなし。
此処に中頃の帝おはします。
御名を聖武皇帝と申し奉る。
最愛の婦人に別れ、恋慕やみがたく、
涕泣眼に荒く、涙玉を貫く思いを、
善路翻し上救菩提のため、
廬遮那仏建立し給う
しかるに去んじ治承のころ、
焼亡し、終わんぬ。
かほど霊場絶えなむことを嘆き、
俊乗房重源、勅命をこうむって、
無常の観門に涙を流し、
上下の真俗を勧めて彼の霊場を、
再建せんと諸国に勧進す。
一紙半銭、奉財の輩は
現世にては無比の楽に誇り、
当来にては、数千蓮華の上に座せん。
帰命稽首、敬ってもうす。

勧進とは、仏と縁を結ぶように勧めること。

そこから、寺院建立や修繕の寄付を募ることにも使われます。

弁慶は、平家の南都焼き討ちで焼失した

東大寺再建のための勧進(寄付集め)と偽って関を通ろうしたのです。

「じゃぁ、ちゃんと勧進帳持ってるよね?」

一気に緊張感の増す、この場面。

関守の富樫。

この方、めちゃめちゃ信心深い人だったんです。

弁慶の読んだ勧進帳に心動かされちゃった。

ちょっと聞いてみたかった、

山伏の不思議もスッキリ解決!

関を通ることを許可するだけじゃなく

自分も東大寺再興のために、布施持を渡します。

良い人~!

 

これが、弁慶の衣装。

ふつうのお坊さんとは、全然違います。

富樫じゃなくても、ナゼ? ナゼ? が、いっぱい!

それにしても、関所で急に勧進帳を読めと言われて

この返し。

命を懸けた大芝居!

凄すぎませんか?

もちろん、手に持っている巻物はただの巻物。

弁慶にしたら、想定内だったのかしら?

 

◆東大寺の勧進

ちょっと、ここで史実を整理。

1180年 平家の南都焼き討ちで東大寺は焼失
1181年 後白河法皇が、東大寺再建のため僧重源に勧進を命じる
1185年3月 壇ノ浦の戦いで平家滅亡
1185年4月 頼朝、義経対立
1185年8月、東大寺の大仏開眼供養
1185年11月 後白河法皇が、義経追討令を出す

ここから、義経の逃亡生活が始まります。

西国、吉野、京を転々として、京から奥州へ目指したのは1187年2月。

ん?

1185年の8月に東大寺の大仏開眼供養が行われてるのに

東大寺の再建のための勧進なんて、おかしい?

いえいえ、大仏殿建立は1195年。

まだ、勧進活動は継続されていました。

 

義経追討令を出した、後白河法皇、源頼朝も大きくかかわる東大寺再興。

誰もが知る長期の国家事業。

自分達を捕らえようとしている人達を逆に利用してしまうなんて

弁慶、さすが!

海老蔵さんのラスト勧進帳をご覧になった方も、見逃した方も

新團十郎さんの勧進帳を楽しみに待ちましょう!

 

2020(令和二年)如月 安積美香

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事