和の素敵 | 京都浄住寺が贈る素敵な和のメディア - Part 150
Slider

日本の素敵を世界へ発信する、
和のメディア

和のInstagram -和の写真を公開中!-

イベントPICKUP情報! -和の心を学ぶイベント情報を配信-

読みもの

ひとときの粋にひたる「喜世留」

    落語や浄瑠璃などでも、しばしば登場人物のこころの動きが託されてきた「きせる」平成の今、たった一人で作り上げる職人さんが京都にいらっしゃいます。   「きせるは喜世留なんですよね。」日本で唯一となったきせる専門店「谷川清次郎商店」9代目の清三さんは、そ...
読みもの

なぜ、ご飯茶碗は左側に置くの?

   なぜ、ご飯茶碗は左側に置くの? こんにちは。食事の仕方には、その人の子供の頃にうけた躾があらわれます。「食べ方でお里が知れる」といわれるのも、そのためですね...

読みもの

今日から6月「単衣」ですね

  今日から6月「単衣」ですね こんにちは。単衣は「単衣仕立て」といって、裏布をつけずに仕立てたきものです。単衣を着る季節は、袷と薄物以外の6月と9月になります。最近では、気温の温暖化の傾向もあり、4月の終わりや、10月の中旬ごろなどは本来袷の季節ですが...
読みもの

京都薪能を一緒に観る会

平安神宮本殿をバックに薪の焔の中で観る薪能。 幽玄の世界を一緒に堪能しませんか? 2013年6月1日(土) 〈雨天順延〉 演目:観世流能「玉 井・貝尽し」 金剛流半能  ...

読みもの

蘇った「ちゃん塗り」

    「ちゃん塗り」ってご存知ですか?   60年ぶりの大遷宮を終えたばかりの出雲大社の本殿大屋根の千木や勝男木、鬼板などにほどこされた、伝統的な塗彩方法のことです。        千木や勝男木、鬼板...
読みもの

「神」の表記は「God」でなく「Kami」

  「神」の表記は「God」でなく「Kami」 こんにちは。とっても嬉しい話です。伊勢神宮が、「神」「祭り」「神社」といった語句について、該当する英単語を当てるのではなくそのまま「kami」「matsuri」などとアルファベット表記に変え、外国人に広く浸透させる...
Translate »