1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和の徒然
  4. 「和の素敵」今日10月31日 おかげさまで1周年です。 日本は素敵です!

「和の素敵」今日10月31日 おかげさまで1周年です。 日本は素敵です!

 

ありがとうございます

こんにちは。 みなさま、笑顔で楽しく毎日過ごされていらっしゃいますでしょうか。 和の素敵の葉室でございます。 日頃より「和の素敵」にお越しいただきまして、ありがとうございます。 「和の素敵」、昨年の11月1日より始めました。 ということは、今日10月31日、どうにかこうにか一年を過ごすことができました。 これも一重に、みなさまのおかげでございます。   もともと私は医療関係の仕事をしており、病院は病気を治すのは当たり前だけど、病気を治すだけではなく病気にならないようにできないかと常々思っておりました。 病気にならないということは、健康な自分。 健康とはなんでしょうか? 病気にかからず、人間ドックなどでも検査結果に問題がない自分。 医学的にはこれで健康かもしれませんが、現代社会においてノイローゼや鬱などの心の病も沢山あります。 WHOも提唱しております、「心身ともに健康」 この「心身ともに健康」とはどのようにしたら出来るのか?  

これが私の数年前のテーマでした。

「病は気から」と申します。 そう「気」「気持ち」を豊かにしていればいいのでは! 「気持ち」、「心」ですね。 心とは字のごとく四つの字画が交わることなく「ふわふわ」しているもの。 だから悩みもするし、苦しくもなり病にもなっていくのでしょうね。 心豊かにするにはどうしたらいいのだろう。 そうだ、いつも「ありがとうございます」って思えればいいのでは。  

大好きだった下賀茂神社、祖父の宮司のお部屋

話は少しそれますが、私の叔父は春日大社の元宮司、祖父は下賀茂神社の元宮司、曾祖父は虎ノ門金毘羅の元宮司。 そんな神のもとでつとめる血が流れている私。 私が小学生の時は、祖父の下賀茂神社の社務所の宮司のお部屋へ行くのが大好きでした。 神社が大好きだったんですね。 神社って今ではパワースポットっとされるほどで、とっても「気」の良い所です。 日本人は皆、神社へ行くと心が落ち着きます。 これが日本人の元からある心なんです。 そう、日本人が昔から持っている、八百万の神、すべてのものに感謝して「ありがとうございます」って思えるように、言えるようになれば、病にもならず素敵な毎日を過ごせるのではないでしょうか。 すべてのことに「ありがとうございます」って思える日本人って素敵ですよね。  

皇紀2673年の伝統

皇紀2673年、長い年月の間に育まれてきた日本。 その伝統、歴史の中に心だけでなく、素晴らしい習慣やしきたり、そして品や芸能もたくさん生まれてきました。 しかし、それら日本人の心に裏打ちされる素晴らしいものが戦後教育や現代社会の欧米化によって失われていっています。 私は「いや」でしょうがなかったのです。 こんなに素晴らしい日本が変わっていく、なくなっていくのが。 もちろん私の知らないことはいっぱいあります。 でも、私も学びながら、楽しみながら、50歳を過ぎた自分の責任として、子どもたち孫たちに、この素晴らしい日本をちゃんと伝えていかなければと。 その思いから、この思いの一番の最初の理解者、今西さんと「和の素敵」をはじめました。 もちろん、まだまだひよっこです。 でも、あっという間に一年が過ぎました。 この一年で多くの方と素敵なご縁をいっぱい頂きました。 何よりも何よりも大切な財産です。 こんな何かの専門家でもないし、何ができるか解らない私たちとご縁を結んでいただいたみなさまに、ただただ感謝です。  

本当にありがとうございます。

みなさん、日本は本当に素敵な国です。 自信をもって大きな声で「日本は最高だよ」って言いませんか。 こんな時代だからこそ! 最後になりますが、この一年、自分で学びながら日本の素敵なことを皆さまと楽しんできました。 (楽しくなければ続かないと思っており、楽しくを大切にしています) これからの「和の素敵」ですが、この一年でいただいた素敵なご縁の素敵な品を、もちろんこの先にいただく素敵なご縁の素敵な品をみなさまにご紹介して販売していこうと思っています。 素敵な品とは、作り手さんの熱い思いが込められていて一つ一つ伝統の技術が活かされている品です。 大量生産の時代はもういいでしょう。 これからは素敵な品を大切に長く長く使っていく。 使えば使うほど味が出てくる品。 作り手さんの思いが伝わってくる品。 そんな品を求めませんか、つかいませんか。 みなさん、作り手さんの心がこもっている素敵な品があれば是非ともご紹介ください。 世界にもこの素敵な品を発信していきます。 世界にも本当の素敵な日本をもっと知ってもらいます。 長々となってしまい申し訳ございません。 最後まで読んでいただけたら幸いです。 まだまだな私たちです。 この先も厳しいご指導を賜りたいと思っております。 そして、「そうだね」と思っていただけましたら、一緒に楽しんでいきましょうね。 楽しく!楽しく! 乱筆乱文、支離滅裂ですが、一年を振り替えてって変わらぬ私の思いです。 本当にありがとうございます、これからも宜しくお願いいたします。]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事