1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和の徒然
  4. 縁あって乙女文楽  吉田光華の世界

縁あって乙女文楽  吉田光華の世界

  「乙女文楽」とは、一体の人形を女性ひとりで遣って演じます。 大正時代末期に大阪で誕生し、庶民の娯楽のひとつとして親しまれてきましたが、戦争でやむなく解散。 平成の時代に復活しました。 光華座は、多彩なジャンルの邦楽や芸能とのコラボレートして乙女文楽の新境地を開拓。 国内各地で活動するほか、フランスやオーストリア、オランダなど海外での公演も多数行っています。 長年培った日本舞踊の素地を生かし、伝統の上に独自の感性を重ね、義太夫はもとより、長唄・新内・常磐津・小唄などに合わせて、数々の演目を振り付け創作しました。 乙女文楽の新境地を開拓し、古典芸能に馴染みのない方にも楽しんでいただくことを信条に、幅広く務めます。 今回は初演時より二十年を経て、今また蘇る落語「天神山」での、乙女文楽の劇化。 今ここに、新しき息吹をふきこんでお贈りする珠玉の芸能花舞台です。 日時:5月21日(日) 開演14:00(開場13:30) 開場:大阪市立西区民センター 料金:当日 3,000円(前売り 2,500円) 詳しくはこちらから https://www.facebook.com/events/426584331037639/   吉田光華 乙女文楽

]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事