1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和のお話し
  4. 朝には和食!がいい理由

朝には和食!がいい理由

朝に和食がいい理由

一日の始まりは、朝ごはんで決まるとも言われています。
最近の傾向では若年層になるにつれて、朝食を取らない人が多くなっているそうです。
不規則な生活が続くと朝起きることも辛く、ギリギリまで寝ていたいため、朝食が食べられないと言うことも…。

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

和食の朝ごはんといえば・・・

目覚めてから食べたい献立と言えば、何を思い浮かべますか?
ご飯にお味噌汁があれば、納豆や味付け海苔を加えても忙しい朝にも箸が進みますよね。

和食は一汁三菜が理想だと言われていますが、おかずとして焼き魚に卵焼き、和え物や漬物が添えられると、朝から贅沢な理想の献立に…。

体調が優れない時は、消化の良いおかゆや雑炊も朝ごはんにふさわしい献立です。

副菜の一つをとっても、野菜を中心とした物ばかりでカロリーも低く健康的なのがわかります。
栄養価も高く、一日のリズムを作りやすいエネルギー源として朝食にぴったりなのです。

朝ごはんにも地域差も・・・

農林水産省のHPによると、1930年頃の東京、名古屋、大阪、福岡のある一部の朝食の献立を調べたところ、朝食に白米を食べるのは東京と大阪という結果が発表されました。
名古屋と福岡は麦ごはんを食べていたという結果がありますが、大阪だけが冷たいご飯をお茶漬けやおかゆにして朝食に用意していたそうです。
一日一回お米を炊く習慣があった当時は、大阪ではお昼にお米を炊く習慣が一部にあったといいます。

地域によって多少の違いはありますが、洋食にパンをイメージするように、何があってもご飯と味噌汁は、日本の代表する和食の形と言えるでしょう。

白米は太る?

最近では、白米が太るからと炭水化物を抜くダイエットもありますよね。
しかし、どんな食材でも多く食べ過ぎれば、カロリーも糖質もオーバーしてしまいます。

和食の朝ごはんは、栄養バランスが整っていますので、白米も大事な栄養素として重要な役割なのです。
朝の貴重なエネルギー源を抜いてしまうと、途中でバテてしまい体力が続きませんよね。
途中で中途半端に食事を補おうとするから、栄養分を蓄積しようと必要以上に体が溜め込んでしまうのです。

炭水化物は、摂取し過ぎても足りな過ぎても体のバランスを崩してしまいます。
美肌や健康のためにも、適量のお米を食べる習慣を身につけましょう。

和食の朝は栄養バランスに最適

なぜ、朝ごはんは大切なのでしょうか。
私達は、食事を通して栄養補給をしますよね。
寝ている間もエネルギーは失っていくため、起きた時にエネルギーを追加させる必要があるのです。

脳を活性化するブドウ糖も、一日の大切なエネルギーを補うには、和食を朝ごはんに食べることが望ましいと言われています。
食材をそのまま活かすことが多い和食は、ヘルシーで食生活の偏りを解消してくれるメニューが数多く、心と体のバランスも満たしてくれるのです。

こってりした物ではなく、あっさりとしたメニューが多いため、胃もたれせずに食べやすいのが朝に好まれる理由の一つでしょう。

ありがとうございます

朝ごはんは作り置きができるものを。

前の夕飯に残った副菜があれば、忙しい朝ごはんの準備が楽になりますよね。
残り物ではなく、バランスを考えて副菜を作ろうとするのは、忙しい朝にはちょっと…と難色を示す人もいるでしょう。
葉物のおひたしや和え物などの常備菜は、作り置きしておくと日持ちがしますし、お弁当のおかずや夕飯の一品にもなりますので大変便利です。
野菜の下茹で処理や、調味料を合わせて和えるだけにするための準備をするのも、時短に繋がりますね。

子供の頃から食べてきた母の味は、いつでも元気を与えてくれて心が自然と和みますよね。
食を通して、体のバランスを整えることは、年を重ねるごとに必要になっていきます。
一日の始まりは食事によって作られていくのです。

いつもより少し早起きをして、健康を考えた朝ごはんを頂きませんか?

和食のレシピで日本の食卓を感じさせるもの
和食器の魅力とは?持つことによる得られるもの
和食のレシピにプラス!副菜のオススメアイデア

この星が笑顔あふれる毎日となりますように。
Hope there will be a smile everywhere, every day.
これからの子供たちに幸せな世の中となりますように
Wish the world will be full of happiness with children.

#ありがとうを世界中に
#ArigatoAllOverTheWorld

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事