1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和のお話し
  4. 梅鶴(うめづる) 家紋研究家 森本勇矢さん

梅鶴(うめづる) 家紋研究家 森本勇矢さん

梅鶴(うめづる)

梅紋の種類の一つ「横見梅」をアレンジして鶴に。
梅鶴の初見は定かでは無いが、江戸後期頃には文様などでも見られるようだ。
葛飾北斎の『新形小紋帳』というものには様々な植物を鶴に見立てたものが掲載される。
もしかするとこの「梅鶴」などの見立て、擬態などの表現は北斎から始まっているのかもしれない。
(詳しく調べていないので実際はどうなのかは分かりません)

因みにこの「梅鶴」は紋帖によって形状が違う。
この梅鶴には「足が無い」が、紋帖によっては「足が有る」。
どちらもカワイイですよ。

紋には多くの梅鶴のように擬態紋と呼ばれるものが多く存在する。
しかしその多くは家紋として考案されたものではなく、文様などに使用するために考案された図案である。
家紋トハ区別されるものだが、関西を中心とする地域には女性だけが付ける紋、「女紋」と呼ばれる文化が存在する。
これに選ばれる紋の多くは「女性らしい」「女性好み」のデザインが選ばれていることが多い。
この梅鶴も家紋では使用されることがほとんど無い。

今回、この紋を選んだのはとある方にアイデアを頂いたことに加え、前回の投稿した「輪入れ梅鉢」から「梅」での連想も含まれる。
次回もこの紋からの連想で紋の選出をしたいと考えている。

今回の配色は「っぽさ」を意識した。
得に何も考えずに感覚だけの配色、といったところであろうか。
けれども。意識はしている。何の意識か。それは秘密。
因みに今回は2パターン用意してみた。
(2017年2月14日  Instagram投稿)

【彩紋】
https://facebook.com/yuya.morimoto.374/albums/997903450271317/?ref=bookmarks

著書:日本家紋大辞典

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事