1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和の徒然
  4. にほんのお稽古ごと。

にほんのお稽古ごと。

 

にほんのお稽古ごと。

和の心 お茶のお稽古 2014.01.25

 

最近素敵なご縁をいっぱいいただき、いろいろな和のお稽古、学校いや塾かな、をしようよと話がはずんでます。

さて、「稽古」ということばをひもといてみれば、「稽」は考えるという意味をもってるということがわかります。 ゆえに「稽古」は「古を考える」ということ。

昔のことを調べて考え、今をどうするべきなのかを正しく知るということを「稽古」と呼びました。

今でこそ稽古の種類はたくさんあります。
昔からある伝統の稽古。

すらりとならべてみるといくつか共通していることが見えてきます。 その技を学ぶことはもちろんですが、それをささえる精神の持ちかた、心得、こだわって大切にしているものがはっきりしているのが特徴といえるでしょう。

明日からはいくつかのお稽古ごとを紹介していきたいと思います。

 

いつか、和のお稽古事をはじめる時は(いくつかははじめてますが)しっかりとこだわりを持って進めていきますね。

]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事