1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和のお話し
  4. 大人の遠足 山椒積み

大人の遠足 山椒積み

初めての体験 山椒積み

こんにちは。
今日のありがとうは、山椒。
橋本の山奥に山椒積みに行ってきました。
自然のすてきな空気を満喫させていただきました。
ありがたいことです。

山椒ってどのようになっているか知ってますか?
私は全く知りませんでした。
簡単に言うと一つの木にたくさん実をつけています。
今の時期が最盛期とのことで取り放題。
1時間ぐらいで1.5Kgほどの収穫。
バンザーイ!

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

 

こんなに山奥のところです。
途中から軽の車一台しか通れない道を山頂目指して。
気持ちのいい空気。
今日はマスクしません。

 

最後はあぜ道を歩いて山椒畑へ。
なんという格好をしてきてるのでしょうね。
前日に足袋だけ買いました。
買っといてよかった。

 

ここが山椒畑。
子供も参加。
この子はこの山椒畑の近くに住んでいて案内をしてくれました。
自然とともに毎日楽しく過ごしているのでしょうね。

 

熱心にとり方を教わる私。
初めて見る山椒の実に感激。
そして山椒の香りに癒される。
1kgはとれるよ!って。
どんだけ~!とるのでしょうね。

 

やっと出てきました山椒の実。
遅くなってごめんなさい。
山椒の実はこうやってなっているのです。
ブドウの房のようになってるからブドウ山椒というそうです。
(紀州和歌山が誇る一つだそうです。知らなかった。)
なんと可愛いことか。
最後の枝に実が二つづつついています。
仲良しの山椒です。

 

そして、こんなにとれました。
なんと、1.5Kgほど。
どうするのこの山椒の実。
えっ!私が帰ってから醤油漬けにするの・・・。
はい、わかりました。
やってみます(笑)

 

周りには野イチゴがいっぱい。
美味しかった。

 

山椒って?

昔サンショウのことを椒(はじかみ)と読んでいましたが、生姜もはじかみと読み区別するために山で取れる椒で山椒となったそうです。
山椒は「ミカン科」の日本古来からある背の低い落葉樹。
ミカン科なんですね、びっくり!
この山椒、縄文時代の遺跡から化石が発掘されているほど古来から独特の風味と辛味がスパイスとして使われてきました。
山椒の葉はあしらい(木の芽といいますね)として使われますね。
香りがとっても豊かです。

さて最後に「山椒は小粒でピリリと辛い」といいますね。
これは、なりは小さくてもとても役に立ったり気がきくことをいいます。
小さいからって侮ってはいけませんよ!

いつも最後までありがとうございます。
今日もすてきにお過ごしください。

 

この星が笑顔あふれる毎日となりますように。
Hope there will be a smile everywhere, every day.
これからの子供たちに幸せな世の中となりますように
Wish the world will be full of happiness with children.

#ありがとうを世界中に
#ArigatoAllOverTheWorld

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

よふ古のはっこうせいかつ講座

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事