1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和の徒然
  4. 金平糖のイボイボの数、いくつか知ってますか?

金平糖のイボイボの数、いくつか知ってますか?

 

金平糖のイボイボの数を知ってますか?

 

こんにちは。

春分をすぎてから、気持ちのいい日が多いこと。

お天気のいい日は縁側でのんびり。

新緑を拝見しながらお茶を一服。

和菓子もいいけど今日は金平糖。

ポルトガルからきたお菓子ですよね。

金平糖のイボイボの数がいくつか知ってますか?

 

 

信長も愛した金平糖

 

ポルトガルが日本に影響をおよぼしたもの、じつに多彩です。

食文化も例外ではありません。

ワインを最初に日本にもちこんだのも、ポルトガルの宣教師たちでした。

さらに、ケーキやクッキーなどのお菓子に押され、いまではなかなかお目にかかれないくなってしまった「こんぺいとう」もポルトガルからもたらされたお菓子です。

こんぺいとうがお目見えしたのは、織田信長在世の安土桃山時代です。

当時は、甘いものはとても貴重品であり、こんぺいとうは甘美なうえに、見た目にも美しいということで、天下人の大のお気に入りのお菓子になったといいます。

 

イボイボは日本人の技術

 

こんぺいとうの特徴といえば、あの独特の表面に突き出したイボイボです。

これは、まずゴマに砂糖をかけて煎じ、そのまま乾燥させておき、さらにこれに熱をくわえると、糖分が吹きだして、イボのような角ができるという原理。

信長のお気に入りの一品になったことを契機として、日本国内で製造され始めましたが、当初この繊細なお菓子はかなりつくりにくかったようです。

しかし、器用な日本人のこと。

さまざまなお菓子の知恵を駆使して、とうとうあのイボイボを上手につくることに成功しました。

その技術は、本家本元の模倣にとどまらない高みへと極められていきます。

その和の知識が盛り込まれたのがイボの数。

将軍に献上する場合には、げんをかついでわざわざイボの数まで決めました。

宇宙を意味する天地六合(りくごう)にかなった数ということで、イボの数は36個でなければならなかったのです。

当初、ポルトガルから輸入されたものは、イボの数などバラバラでしたが、数を統一してしまう几帳面なところが、日本人の日本人たるゆえんですね。

わざわざイボの数を数え、足りないものや多いものは排除したというのだから、かなりの気の使いようです。

参考:日本人なら知っておきたい「和」の知恵

 

 

ありがとうございます。

 

金平糖のイボイボは36個、って知ってましたか。

びっくり!

それより、天地六合(りくごう)の36、なぜ36なの?

ネットで検索。

天地と四方、上下四方、天下、世界、全宇宙とは出てきますが、なんで36?

「36の不思議」という記事を見つけました。

「36は、人の体温の平均値に近く、この半分の18は一分間の呼吸数に近く、その2倍と3倍は、血圧の下と上の値に近い。文化においても、富嶽三十六景、三十六不動尊、三十六歌仙、三十六計逃げるに如かず、などなど、三十六は1つのまとまりを成します。」

んーー! 摩訶不思議な数字。

どなたか、詳しく説明いただける方いらっしゃいましたらお願いします。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

日本はとっても素敵ですね。

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事