1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和のお話し
  4. 今熊野浪(いまくまのなみ)  家紋研究家 森本勇矢さん

今熊野浪(いまくまのなみ)  家紋研究家 森本勇矢さん

今熊野浪(いまくまのなみ)

京都の真言宗観音寺の寺紋。
この観音寺は今熊野観音寺ともいわれている。
数年もの間、何故ここの寺は浪を紋にしているのだろう、中央の輪は何なのだろうと思っていた。
しかし、先日たまたま、気づいた。
「ああ、なるほど」と。
恐らくだが、こちらの寺のご本尊は十一面観音菩薩である
私のフィールドワークで感じた十一面の性質は龍神であり、河川であった。
加えて、「五智水」の存在。


空海が錫杖で岩をたたくと霊泉が湧いたという。(良く聞く話)
っということは、中央の輪は錫杖の金輪を示すのであろう
浪は湧き出した霊泉を示している。
と、考えるのもありでは無かろうか?

(2017年12月27日  Instagram投稿)

【彩紋】
https://facebook.com/yuya.morimoto.374/albums/997903450271317/?ref=bookmarks

著書:日本家紋大辞典

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事