1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和の徒然
  4. 箸の持ち方

箸の持ち方

和の心 箸の持ち方2

箸の持ち方
著:適菜収

人間の価値はどこで決まる

 

 

 

われわれは動物ではなく人間である。
人間は先人が創り上げた文化を継承する。
箸を正しく持つ必要性もそこから導き出される。
著者は「箸をきちんと持つことで見えてくる世界もある」と訴えかけるが、その通りだろう。
立ち居振る舞いに人間性が表れるように、箸の持ち方にも人間性が表れる。
会社の偉い人が若手社員を食事に連れて行く、そのときに箸使いが見られている。
お見合いのときも同様だ。
世間では広く、箸の持ち方で人間性が判断させているのだと知っておきたい。
「箸を正しく持ちたい」と思えてくること請け合いだ。

 

]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事