和の輪 | 和の素敵 - Part 8
Slider

日本の素敵を世界へ発信する、
和のメディア

和の輪

平国創生神楽とは  世を開き、国を整え、心をやわす

  平国創生神楽 こんにちは。不思議なご縁でつながった、日本国エンタメ観光マイスターでもある表博輝さんが奉納する平国創生神楽。7月28日(土)18時より、河内国一之宮枚岡神社にて、第九回創生神楽祭りを行います。枚岡の神さま「天児屋根之命」のご神事に、初めて神楽が奉納される故事により、世の中は明るくなる伝えがここに残っています。世を開き、国を整え、心をやわす。地球創生の意義がこの創生神楽によって明かされます。生命の存続意義のはじまりを振り返り、今ある命の尊さに、感謝の祈りを捧げるのが平国創生神楽です。  神...

『しきたり』や『型』  成願義夫さんのお話し

  『しきたり』や『型』吉祥図として一対の鶴を描く場合、くちばしを閉じた鶴と開いた鶴を描くのは伝統的な決まりごとです。それは阿吽(あうん)を表します。伝統的なしきたりが伴う場面や用途、例えば、縁起物の掛け軸や冠婚関連のデザインなどに鶴を描く場合、ただ単に「鶴を描けばおめでたい」と思うのは、「間違いではないが、残念である」と言わざるをえません。日本の伝統は型の伝承です。様式美として完成された美と、図柄に込められた意味の奥深さを知ることは重要です。このような日本のデザイン分野の『伝統的しき...

梅鶴(うめづる) 家紋研究家 森本勇矢さん

【梅鶴(うめづる)】梅紋の種類の一つ「横見梅」をアレンジして鶴に。 梅鶴の初見は定かでは無いが、江戸後期頃には文様などでも見られるようだ。 葛飾北斎の『新形小紋帳』というものには様々な植物を鶴に見立てたものが掲載される。 もしかするとこの「梅鶴」などの見立て、擬態などの表現は北斎から始まっているのかもしれない。 (詳しく調べていないので実際はどうなのかは分かりません)因みにこの「梅鶴」は紋帖によって形状が違う。 この梅鶴には「足が無い」が、紋帖によっては「足が有る」。 どちらもカワイイですよ。紋には多くの梅鶴のように擬態紋と呼ばれるものが多く存在する。 ...

輪違月巴に天の角字(わちがいつきどもえにてんのかくじ)  家紋研究家 森本勇矢さん

【輪違月巴に天の角字(わちがいつきどもえにてんのかくじ)】シンガーソングライター「天野月」を表現した紋(家紋では無い)。 「天の角字」で「天」、「細一つ巴」で「の」、細三日月で「月」を表現。 巴と月で「輪違」を意識し、無限や永遠という意味を持たせた。 天野月ファンの知り合いのために制作したオリジナル紋。 地色を含めた紋の配色は代表曲の一つ「聲(こえ)」をイメージしたもの。 この紋を朱印帳にした際、色がうまく出なかったのが心苦しい。(2016年7月9日  Instagram投稿) 【彩紋】 https://facebook.com/yuy...

唐草模様の紀元  成願義夫さんのお話し

  唐草模様の紀元はとても古いです。 ギリシアの神殿などの遺跡で、アカイア式円柱などに見られる草の文様が、唐草文様の原型であり、メソポタミアやエジプトから、各地に伝播したと考えられています。現代、世界各国に唐草模様は存在します。日本にはシルクロード経由で中国から伝わったとされています。日本名『唐草文様』とは、読んで字のごとく「中国伝来の植物文様」という意味です。日本からは、さらにヨーロッパに、伊勢型や陶器の絵付けとしての唐草が伝わり、その影響を受けた芸術家も少なくありません。その一人が、ウィーンの画家グス...

輪入れ梅鉢(わいれうめばち)  家紋研究家 森本勇矢さん

【輪入れ梅鉢(わいれうめばち)】こちらの紋は天保四年(1833年)のとある紋帖に掲載されている紋。 現代ではすっかりその姿を消してしまった紋の一つである。 我が家の家紋は「割梅鉢(わりうめばち)」という梅鉢紋の変化系の紋であるが、 もしかするとこの紋が割梅鉢の原形なのではないだろうか、と考えている。 また、この紋、「輪入れ梅鉢」と非常によく似た紋が、 宝暦十二年(1762年)の紋帖(恐らくかなり初期型の紋帖)に掲載される。 その紋帖の場合は「六つ星に一つ輪」と書かれている。 ほぼ同形の「輪入れ梅鉢」と「六つ星に一つ輪」。 予てより、私は梅鉢紋は星紋であると考察してい...

和婚は素敵2 「お伊勢さん和婚」

  猿田彦神社本殿挙式 伊勢神宮への結婚感謝奉告参拝   【お伊勢さん和婚】を挙げられた東京からお越しの御二人☀参進の先導はナント神田さま☀ついてる‼美しい花嫁さまに優しい新郎さま❤❤社長同士のご結婚~弥栄~~~☀慈雨のお清めのおかげさまで神宮の新緑が美しい‼‼‼前日は、伊勢志摩サミット開催の志摩観光ホテル、ベイスィートでご披露パーティー☀ ...

和婚は素敵 「お伊勢さん和婚」

  伊勢神宮の神々への結婚感謝奉告 【 お伊勢さん和婚 】  日本の最高神・天照大御神への感謝は正宮に☀  荒魂をお祀りする荒祭宮には~これからの決意表明☀そしてご神徳・ご加護をとの【 祈り 】☀麗しい感謝参拝のお姿に大神様の光が溢れる☀感動・・・弥栄~~~☀    ありがとうございます。 和婚は素敵ですね。それも、お伊勢さんで。いつまでもお幸せ...

マンガと歌舞伎 ときめき☆歌舞伎 第67回

   マンガと歌舞伎 ときめき☆歌舞伎 第67回  4月は松竹座でスーパー歌舞伎セカンド「ワンピース」を観劇してきました~☆ 水もかぶって、タンバリン叩いて大忙しで楽しんできました!楽しまれた方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。    ◆平安時代から漫画は、大人気☆  海外でも日本の漫画は大人気ですね。先日もドラゴンボールのTシャツをきた海外カップルと遭遇しました。歌舞伎も「...

「日本の彩(あや) ‥初夏じわり」

(写真:瑠璃光院の青紅葉)  日本の彩(あや) ‥初夏じわり 青紅葉の季節  こんにちは。つい先日まで日本中が桜見物で盛り上がっていましたが、いまは青紅葉が美しい季節となりました。季節が変われば着るものも変わります。特に着物や帯は、 季節に合わせた素材を選び 季節を先取りした柄を楽しみます。  京もの認定工芸士(京友禅)「奥野むつみさん 作」。初夏の単衣の着物 楓と 野蕗の模様です。   6月と9月は「単衣」 &nbs...

風景の中で泳ぐ鯉のぼり The Carps Flying in the Landscape

  「こいのぼり」  こんにちは。今日は「こどもの日」最近は、「こいのぼり」、あまり見ませんね、とっても残念。でも、「こいのぼり」が五月晴れの中、気持ち良さそうに泳いでいる姿がとってもいいですね。さて、こいのぼりは日本だけの風習だそうです。いつから、こいのぼりが泳ぐようになったのでしょうね。  「こいのぼり」は、江戸時代から  こいのぼりの始まりは江戸時代だったとされています。もちろん、武士の家での風習だったようです。最初は紙や布などに鯉の絵を描いて、風を受け...

傀儡師(かいらいし)は『くぐつし』ともいいます

   傀儡師  西宮神社は日本に約 3500 社ある、えびす神社の総本社。この近くに傀儡子の像 があります。傀儡師(かいらいし)は『くぐつし』ともいい、人形まわしのことです。中世以来、西宮エビス様に関わる人形まわしの一団がこの付近に定住し、傍ら全国津々浦々に人形を操りながら御神徳を分かりやすく説いて廻りました。この操りの技が淡路の人形座や文楽人形浄瑠璃に成長していったそうです。 創生平国神楽実行委員の田中あやこさんのお話より (1090年頃に書か...

和柄図案&着物デザイン教室  成願義夫さんのお話し  

図柄に込められた『意味、謂れ』 京都デザインファクトリー代表 成願義夫さんのお話し  図柄に込められた『意味、謂れ』は先人達からのメッセージ伝統文様の二つの型を継承する。その1『形』 その2『意味・謂れ』以下は意味、謂れの例です。  『貝桶』 平安時代より伝わる物合わせの遊技に「貝合わせ」がありますが、その貝を入れておく桶を模様化したものです。付属のひもなどを配した優美な古典文様の一つです。対になる貝を違えないところから夫婦和合の象徴として公家や大名家の嫁入り道具となり、婚礼行列の先頭で運ばれるな...
Translate »