1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和の徒然
  4. 5月 皐月(さつき) 翠雨(すいう)

5月 皐月(さつき) 翠雨(すいう)

  翠雨(すいう) 青葉に降りかかる雨を翠雨といいます。 草木の青葉に映って翠(みどり)にみえることからそう呼ばれるのです。 5月に降る爽やかな雨をこう呼ぶ我々のご先祖様の瑞々しい感性とおだやかさはなんて素敵なんでしょう。 日本にはこの様な季節を感じる美しい言葉がたくさんなるのです。 (書・文:一般社団法人 和の道 黎明会 理事長 中山貴英)   先日も浄住寺でいいお天気なのに突然の雨、いや春雷。 でも一時のこと。 その後の境内の美しいこと。 萌える香りで気持ちの良いこと。 草木の青葉があざやかな翠でした。     さて、雨の名前ってどのくらいあるのでしょうか。 調べたことないですが、いっぱいありますよ。 辞書ひいてみてください。 せっかくなので春の雨の名前を。 ・春時雨(はるしぐれ) 春に降る時雨のこと。時雨は晴れたと思ったら降りだし、降りだしたと思ったら止むを繰り返す定まらない雨のことです。 ・小糠雨(こぬかあめ)・ひそか雨・ぬか雨 春先にしとしとと降る霧雨。 ・桜雨・花の雨 桜の花にかかる雨。桜が咲く3月下旬~4月上旬に降る雨のこと。 ・花時雨(はなしぐれ) 桜の時期に降る時雨のこと。 ・春霖(しゅんりん) 3月から4月にかけて天気がぐずつく時期のこと。春の長雨とも呼ばれます。 ・菜種梅雨(なたねつゆ) 菜種の生る3月下旬から4月頃に関東よりも西の地域で天気がぐずつくこと。 ・春雨(はるさめ) 3月下旬から4月頃にいつまでも降り続く地雨のようなしっとりした雨。 ・虎が雨(とらがあめ) 旧暦5月28日頃にに降る雨。由来は有名な仇討ちの話です。曽我兄弟は5月28日に仇討ちを遂げますが、兄の曽我十郎は敵に切られ亡くなりました。兄の恋人であった「大磯の虎」という遊女が虎御前で流す悲しみの涙が、命日に雨となって降るそうです。 (文参考:なんでも情報発信局:http://asukainfo.com/ame-namae)   本当に日本人の感性って素晴らしいですね。 さあ、5月も楽しく素敵に過ごしていきましょう。 ありがとうございます。      ]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事