1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和のお話し
  4.  古民家は日本人が本来大切してきた精神的なものが凝縮

 古民家は日本人が本来大切してきた精神的なものが凝縮

 

友達の伊東明子さんのFBより、とてもとても素敵な「株式会社 人と古民家」さんのご紹介

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

古民家にはゆらぎ、というものがある、とチラっと見たので検索してみました。
https://www.hitokomi.jp/designer
「古民家は地震などの時に揺れることで地震力を吸収します。建物が動くのです。
古民家には日本人が本来持っている「ゆらぎ」や「しなやかさ」という感性が現れていると思います。
また室内への光の入り方も、奥の間に進むに従い暗くなり「明と暗」の対比が私たちの心を和ませてくれます。
古民家は日本人が本来大切してきた精神的なものが凝縮されているのです。 」

 

ありがとうございます

日本はいつからなんでも潰すようになったのでしょうね。
古より物を大切にしてきたのが日本人なのに。

悲しいことですね。
でもそんな世の中も少しづつ変わらなくては。
嘆いていてもしょうがないです。
先ずは自分から。
見た目でひきつけられるものではなく、心がひきつけられる本物を探す楽しみを。

心を大切に。

株式会社 人と古民家さん、京都でもお願いできますか。

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事