1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和の徒然
  4. 和の素敵な人たち 谷川清次郎商店さん 「きせる専門店」

和の素敵な人たち 谷川清次郎商店さん 「きせる専門店」

 

谷川清次郎商店 きせる専門店

こんにちは。

煙管がほしくて、探してお伺いしました。

それはそれは素敵な煙管や叺(かます:油紙または皮裂で造られた、刻みたばこなどを入れる小袋のこと)がたくさん。

ご主人のお話も楽しくついつい長居を。

煙管の詳しいお話は、「京都おちこちぶらぶら よそ見旅」さんからご覧ください。

 

煙管(きせる)は、一名 煙筒、俗に 喜世留。

『喜世留』“喜びを、ひととき、世に留める”という意味で杉田玄白が残したと言われている当て字です。

それが喜世留=きせるです。

もとは羅宇(竹筒部分)を制作していた煙管竹の卸店でした。

先代から雁首と吸口を仕入れ、組み立てて販売。

9代目から、雁首と吸口を含め、きせるのすべてを制作致しています。

 


(写真:「今日は何飲も♪」さんのFBより)

 

竹管を羅宇竹と言い、みな蕃語(外国語)です。

喜世留は、火皿のある雁首と、羅宇竹と、吸い口の三つの部分より成り立っています。

喜世留の羅宇竹は、竹管がたばこのニコチンを吸収します。

ニコチンが羅宇竹に溜まってしまうまでに、羅宇竹を新しいものに仕替えれば、健康的にたばこを吸って頂けるものです。

喜世留で、刻みたばこを吸って頂く事により、安らぎの世界を味わって頂けます。

谷川清次郎商店 HP

 

素敵なご縁をいただきまして、ありがとうございました。

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事