1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和の徒然
  4. 今日は憲法記念日 だから「和」を考える

今日は憲法記念日 だから「和」を考える

 

今日は憲法記念日 だから「和」を考える

こんにちは。 今、国会では、憲法改正で大きく揺れてますね。 どこまで、どのように改正されるのでしょか? 楽しみです! (他人事のように言っては、いけないですね)  

和を持って貴しと為す

  さて、日本の憲法といえば、およそ1400年前に聖徳太子が作ったとされる「17条憲法」ですね。 そして、誰もが知っている「和をもって貴しと為す」 (「貴し」と「尊し」はどちらが正解?どちらもあり?) 日本人なら誰もが尊ぶ「和」 (思ってるのは私だけかな?) そう、「和」は素敵なんですよ。  

それでは「和」とは?

  白川静さんによると、「和」は 禾は軍門の象 口は盟誓など、載書(さいしょ)と言われる文章を収める器 軍門の前で盟約し、講和を行う意。 和平を原義とする字である。   よけい難しくなったかな? とにかく、みんなで仲良くしましょう、ってことと思います。  

ありがとうございます。

  この時代、みんなが仲よくできたら本当にいいのに! そのためには、どうしたらいいの? それは一人一人がしっかり考えないといけないですね。 何が正しいのか悪いのか、何でも表裏一体。 ただし、心と身には、和が染みついてると思うから、いざとなった時には出来ると思う。   今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 「和の心」を大切に!  ]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事