1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和の徒然
  4. 「もののけ姫」雅楽アレンジ、素敵です。

「もののけ姫」雅楽アレンジ、素敵です。

「もののけ姫」雅楽アレンジ、素敵です。   今日は先ずこの雅楽を聞いてください。 「もののけ姫」雅楽アレンジです。 こうやって、もっともっと雅楽を聞いてもらって親しめたらいいですね。   雅楽は、演奏形態によって歌物(うたいもの)、管絃と舞楽に三大別することができます。 歌物には、神楽、東遊(あずまあそび)、倭舞(やまとまい)、久米舞、などの舞を伴ったものと、催馬楽(さいばら)、朗詠(ろうえい)のような舞のないものとがあります。 いずれも付物といって、管楽器や絃楽器、打楽器が揃えられます。   和の心 20140326 雅楽 舞   神楽、東遊、倭舞、久米歌には、和琴(わごん)、笏拍子(しゃくびょうし)が使われ、神楽には神楽笛、東遊には高麗笛、その他には龍笛(りゅうてき)が使われています。 また催馬楽には、三管(笙、篳篥、龍笛)両絃(琵琶、箏{そう})と笏拍子が、朗詠には三管が使われます。 なお篳篥は全てに使われます。 管絃は三管、両絃、三鼓(鞨鼓{かっこ}、太鼓、鉦鼓)によって演奏されます。   和の心 20140326 雅楽 面   舞楽は、舞を中心として、三管三鼓で演奏されるものであります。 左方(さほう)右方(うほう)の別があり、舞の形状から文舞(ぶんのまい 平舞)、武舞(ぶのまい)、走舞(はしりまい)、童舞(わらべまい)などに分類されています。 また笙を外し、鞨鼓のかわりに三ノ鼓(さんのつづみ)を龍笛のかわりに高麗笛をしようする楽もあります。   しかし、書きながら知らない言葉がたくさん。 調べてみますね。 雅楽だけで一ヶ月はかかりそう(笑)  ]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事