1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和の徒然
  4. 名付けと画数は深い関係があると考える親の思い

名付けと画数は深い関係があると考える親の思い

名付けと画数は深い関係があると考える親の思い

名付けと画数はかなり関係があると思うのは、子供に名前を付ける時が多いですよね。 ではなぜそのように思うのでしょうか。親の気持ちについて考えていきましょう。

画数の良い名前を付けたいから

親は我が子に幸せになってほしいもの。 そのためには画数の良い名前を付けたいと思うのが親心ですよね。 画数を真剣に調べて、良い画数を付けてあげたい思いを強く持つ親は多いでしょう。 画数が気にならない親もいますが、ほとんどの親は我が子の画数について気になるもの。 我が子の幸せを願う気持ちが強ければ強いほど、出来るだけ良い画数にしようと何度も付ける名前を変えたりする場合もあるでしょう。

自分の画数が良いから

自分の画数を調べた時に、とても良い画数だと分かった時は嬉しい気持ちになりますよね。 昔と違って、インターネットで自分の画数を調べるのがとても簡単な時代です。 だからこそ怖いもの見たさで、自分の画数を調べる人は多いでしょう。 そして自分の画数が良いと分かり、とても幸せな気持ちになるとともに、親に対して感謝の気持ちを持つのです。 たとえ画数にあまりこだわらない親だと分かっていても、付けてくれた名前の画数が良かったことは、本当に嬉しいため感謝の気持ちで一杯になるでしょう。 親に電話をして自分の画数が良いことを伝えるような場面も。 それにより親との絆が更に深くなるケースもあるのです。

画数にこだわらないと後悔しそうだから

もしも画数にこだわらない名前を付けた場合には、後から調べてあまり画数が良くないと「もっと考えればよかった…」と後悔する人もいるかもしれません。 何か我が子にトラブルが起こった時には、画数のせいかもしれないと思ってしまう可能性も。 こう思いたくないので、最初からちゃんと画数の良い名前を付けようと思うのでしょう。 自分の感覚だけでまずは名前を考えてみて、そのうえで画数を調べる親は多いです。 もし画数が良ければ最初に決めた名前を我が子に付けますが、画数が良くないと「やっぱり感覚だけで付けたから…」と反省したりするでしょう。 とにかく我が子に幸せになってほしい思いがあるので、画数にこだわりたいのです。 こだわらないで後悔するぐらいなら、ちゃんとこだわっておこうと思う人も多いでしょう。

我が子が大人になった時に伝えたいから

我が子が大人になった時に「あなたの画数はとても良いのよ」と伝えれば、それが我が子の自信につながるのでは…と親としては考えます。 名前の由来について聞かれた時に由来を教えるとともに、画数について伝える親もいるでしょう。 我が子の嬉しそうな表情を見た時には、この笑顔が見たかった!と感涙してしまうかもしれません。 我が子を大切に思う気持ちが伝わったようで、満足な気持ちになれるのです。

迷う名前があるから

どちらにしよう?と付ける名前で悩む時も。こういう時に画数の良い方にしようと思う親もいるでしょう。 どちらの名前も親にとっては気に入った名前なので、選ぶための手段として画数で決めようとするのです。 実際にここで画数の良い方を選ぶことが出来れば、安心感を持つでしょう。 迷ったけれどこちらの名前にして正解だったと親としては思いたいのです。 大切な我が子の名前だからこそ、迷った時には画数で決めようとする思いもあるでしょう。   名付けと画数は深い関係があると思う親の思いは、我が子がある程度大きくなったら伝わる場合が多いでしょう。 後から理解してくれて親に感謝をしてくれると、親としては本当に幸せな気持ちになるのです。 喜んでくれる親の表情を見て、子供も自分自身の名前をより大切なものだと感じるようになるでしょう。   芸者の名前は「源氏名」とは言わず「芸名」といいます。 珍しい名前に対しての子供の思いはどういうもの? 古風な名前で魅力的なものとは ]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事