1. HOME
  2. 和のすてき
  3. ときめき☆平成歌舞伎 安積美香さん
  4. 「金閣寺」 歌舞伎のよこ道あるき♪第18回

「金閣寺」 歌舞伎のよこ道あるき♪第18回

「金閣寺」 歌舞伎のよこ道あるき♪第18回

 

昨年末、金閣寺の屋根が葺き替えられたそうです。

地元民の特権?!

こっそり参拝してきました。

 

雲ひとつ無い、良いお天気。

朝日に照らされピッカピカ。

屋根の黒ずみがなくなった分、屋根も金色に見えますね。

金箔がより一層輝いていました~☆

 

 

■歌舞伎の金閣寺

 

歌舞伎で金閣寺といえば、「祇園祭礼信仰記(ぎおんさいれいしんこうき)」。

1757年12月、人形浄瑠璃で初演。大ヒットしたそうです。

歌舞伎ではその翌月、上演されています。

「金閣寺」といわれているは、全五段の四段目の部分です。

 

桜が降り散る中、縛られた雪姫が

桜の花びらを集めて爪先で鼠を描くシーンが美しくって!!

しかも鼠が縄を食いちぎるという!

(祖父が雪舟で、幼少の雪舟が涙で描いた鼠の逸話がベース)

見どころとしては、雪姫の美しさが先行していますが

他にも注目ポイントはあるのです。

 

大胆な舞台機構もそのひとつ。

金閣寺は三層造り。

物語の中盤までは、二層部分までが見えています。

が、一番上には慶寿院(将軍の母)が幽閉されているのです。

慶寿院を救い出すために、此下東吉が三階部分へ上がるのですが

大セリを使って屋台(金閣寺)の下層階が舞台の下へ下がって、

屋根の鳳凰までが見えるという仕組み!

上下に動く金閣寺。

何度見ても、テンション上がります。

江戸時代からこの演出らしい!

すご~い!!

 

■松永大膳の難題が、解決できない?

 

金閣寺へ行くと、金閣しか目に入らなくて

他に何があったっけ?

しかも、金箔のキラキラしか覚えていない(汗)

 

歌舞伎で、

家来になったばかりの東吉に碁に負けてしまった松永大膳は、

ムカッとして

碁笥(碁の器)を井戸に放り投げます。

そして東吉に

「軍師というなら、手をぬらさず井戸から碁笥を取り出してみよ」

という難題を出します。

東吉の回答は…

雨樋を使って滝の水を井戸へ流し込み、

碁笥を浮かび上がらせて取り出すというもの。

 

金閣寺に滝ってあったっけ???

あるんです!

金閣の後方の少し離れたところに。

 

 

その名も「龍門の滝」。(龍も登場しますよね)

水量たっぷり。

石は、鯉の滝登り。

 

しかし、肝心の竪樋がない!!!

 

 

金閣寺の三層部分の屋根後方に長く突き出しているのが

軒樋です。

(二層部分は、前方に伸びていますね)

ご存じでした?

軒樋まで金箔でキラキラ~☆(しかも、五七桐の紋が入っている!)

なんて素敵なの!!

けどね、突き出しているだけで竪樋がどこにもないのです。

竪樋を使わず直接、水を池に落とすようになっているんです。

すご~い!

誰が考えたの?

 

舞台を観ていて、

東吉が得意げに竪樋を外すのを見て

世界遺産の器物損壊やん!

って、思っていたのですが、そもそも竪樋が無いやーーーん!!!

って、

そんなオチでした(笑)

 

けど、江戸時代からこの形だったのかは???

一部資料には、大正時代にできたとも書かれています。

江戸時代には、きっと竪樋もあったのでしょう。

 

超マニアックな、金閣寺のお話でした。

 

 

2021(令和三)年 如月 安積美香

 

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

よふ古のはっこうせいかつ講座

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事