1. HOME
  2. 和のすてき
  3. ありがとう
  4. ありがとうございます 日本の伝統色のお話し

ありがとうございます 日本の伝統色のお話し

日本の文化を学ぶ日

こんにちは。
令和 4 年初めての和のすてき日本文化のお話は 成願 義夫 先生。
第一回目は【日本の伝統色】について
スライドにてお話をして下さり、
室町時代から時代毎の色の変化と理由がとても分かりやすく、
ずっと「うん、うん・・・」「へぇ~あ~っつ」と頷きながら
私もですが、皆さんのペンを走らせるスピードが凄かった!

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 


セミナー中はスライドの写真もオッケー🙆

 

日本の伝統色

和色(わしょく)とも呼ばれているそうで、
その数 1000 種類以上もある日本の色
全ての色に名前が付いていて、名前が付くという事は『共有する』ということ
今の時代はネットで何でも検索して理解できることが多い
けれど、何もない時代に色の名前で色がわかっていたし、覚えていた
凄いよね

そして
全ての色を自然の草花から作る色の違い
外国の鉱物と日本の自然の草花から作る色の違い
江戸時代には【四十八茶百鼠 しじゅうはっちゃひゃくねずみ】
と呼ばれる、地味色から粋な色への変化の時代、どのような変化があったのか
江戸の配色が現在も尚活用されている定式幕などの幕の種類や赤・茶・青の使い方
北斎の浮世絵で使われている青色の種類『ベロ藍』とは
これにはちょっと驚いたし、何故日本の藍ではないの?という疑問がすぐに解決
日本の色が南部鉄器を救ったお話
これはあのカラフル南部鉄器の謎が解けた(笑)
と、上記は一部の内容ですが、あっという間の 2 時間のセミナー

 


成願先生の鳳凰の絵  雅鸞洞入口に飾らせていただいています💖

 

日本人の美意識 = 自然界にあるもの

【人と人との間(ま)】を大切にする日本人
その距離感は自然界にあるものと同じである
すべての答えは自然界にある
という、まとめで【日本の伝統色】の楽しいお話でした。

次回の第二回は、
日本の伝統文化は『型の文化』と呼ばれている
【伝統デザインの型のおはなし】
2 月 27 日(日)14 時~16 時

型のおはなしもとっても興味深い内容がたっぷりです
お申込みは上記もしくはメッセンジャーにてお願いいたします
皆様のお越しをお待ちしております
成願先生、ご参加の皆様ありがとうございました。

 


休憩時にようこの発酵おやつ  黒豆茶と黒小豆の発酵あんこ

 

#日本伝統文化
#日本の伝統色
#和色
#ありがとう
#感謝
#和のすてき

 

この星が笑顔あふれる毎日となりますように。
Hope there will be a smile everywhere, every day.
これからの子供たちに幸せな世の中となりますように
Wish the world will be full of happiness with children.

#ありがとうを世界中に
#ArigatoAllOverTheWorld

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事