1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和のお話し
  4. 「おもてなし」って

「おもてなし」って

寺内宗穂先生

こんにちは。
下記は2014年に寺内宗穂先生から学んだ記事です。
もうお亡くなりになられましたが、本当に多くのことを学ばしていただきました。
その時のお話しです。
改めて学ばしていただきました。
皆さまにも。

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

おもてなし

90をすぎてもお元気で素敵な宗穂先生。
昨日、こんなお話しをいただきました。

「おもてなしってね、お客さまが来られるから準備したっておもてなしにならないのよ。
おもてなしはね、毎日毎日することの積み重ねなの。
人に見てもらおうとすることではないの。
人が見てるからすることでもないの。
自分の心からすることなの。
毎日毎日してると身につくでしょ。
身につくということは、そこに心もついてくるのよ。
そうするとね、相手のおもてなしの心もわかるようになるの
ありがとうございます、って。」
・・・・・ありがとうございます。

 

 

ありがとうございます

毎日毎日すること、あたりまえのことをあたりまえに行うこと。
「おもてなし」とは「もてなし」に丁寧語「お」を付けた言葉で、語源は「ものを持って成し遂げる」という意味です。
でも、何より大切なことは「表裏ない心」という事と思います。
だから、いつも行えるのです。
まだまだできてないな。

写真は宗穂先生の作品。
10年いや20年近くの歳月をかけて作る、たった一つの作品。
自然を慈しみ、時を楽しみ、心がこもった作品。
多くの多くの学ぶことが、ここにあります。

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
宗穂先生、ご冥福をお祈りいたします。

 

この星が笑顔あふれる毎日となりますように。
Hope there will be a smile everywhere, every day.
これからの子供たちに幸せな世の中となりますように
Wish the world will be full of happiness with children.

#ありがとうを世界中に
#ArigatoAllOverTheWorld

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事