1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和の心
  4. 和の心 徳は得である

和の心 徳は得である

 

徳は得である。

無形の宝とて、あなたの子孫の幸福につながる。

 

徳とは何でしょうか。

松下幸之助さんの言葉 に「人間として一番尊いものは徳である」とあります。

君が「徳が大事である。何とかして徳を高めたい」ということを考えれば、もうそのことが徳の道に入っていると言えます。

「徳というものはこういうものだ。

こんなふうにやりなさい」「なら、そうします」というようなものとは違う。

もっとむずかしい複雑なものです。

自分で悟るしかない。

その悟る過程としてこういう話をかわすことはいいわけです。

「お互い徳を高め合おう。しかし、徳ってどんなもんだろう」「さあ、どんなもんかな」というところから始まっていく。

人間として一番尊いものは徳である。だから、徳を高めなくてはいかん、と。

技術は教えることができるし、習うこともできる。

けれども、徳は教えることも習うこともできない。自分で悟るしかない。

『松下政経塾塾長講話録』(1981)

 

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事