1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和のお話し
  4. 對い鶴に若松(むかいづるにわかまつ) 家紋研究家 森本勇矢さん

對い鶴に若松(むかいづるにわかまつ) 家紋研究家 森本勇矢さん

對い鶴に若松(むかいづるにわかまつ)

鶴紋の中でも一際異彩を放つのがこの「對い鶴に若松」。
丹波国の波々伯部(ほうかべ・ほほかべ)氏の家紋である。
兵庫県篠山市の波々伯部神社の御神紋でもある。
その昔、鶴が咥えて持ってきたという若松の伝説があり、これが家紋の由来。
波々伯部神社には実際にその松が境内にあった。
老松となり現在では切られてしまっているが、現在では火鉢へと姿を変えている。
神社で見られる神紋は今回の形状と違っている。

今回の配色は墨色を基調として考えてみた。
地色は最初に丹色や紅殻色で考えていたのだが、若松のせいか、クリスマスな印象しか持てない配色になった為に断念。
因みに赤系にしようとしたのは先日アップした「飛び鶴」をタンチョウヅルでイメージしたので、今回はタンチョウ要素は考えなかった。
その変わりに丹頂の赤を地色にしようと考えたのであったが。。。
そこで上絵を赤くしてみた。
暑くなる前にまた波々伯部神社にお邪魔したいものだ。

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事