1. HOME
  2. 和のお話し
  3. ありがとう
  4. ありがとうございます ジャック・アタリさま

ありがとうございます ジャック・アタリさま

ジャック・アタリ氏のお話し

こんにちは。

このコロナ騒動、いつも言ってることですが、「今起こっていることに決して無駄はない」とするなら、この禍は私たちに何を言っているのでしょうか。
この先、どのように大きく変わらないといけないのでしょうか。
19世紀からの産業革命、文明の目覚ましい進歩、ここからは?
そんなことを考えているときに目にしたとても大切なお話しです。

先日の産経新聞の「コロナ 知は語る」にフランス経済学者 ジャック・アタリさんの「「生命を守る産業」が主役に」という記事がとても素敵でしたので、みなさんにも読んでいただきたく載せさせていただきます。

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

「生命を守る産業が主役に

疫病の流行は世界史の転機となってきた。
フランスの経済学者で思想家のジャック・アタリ氏はその歴史をひもとき、新型コロナウイルス禍を機に、他者への共感を重視し、「生命を守る産業」を中心とした経済・社会への転換を唱える。

危機始まったばかり

新型コロナ危機による経済、社会への影響とは
「危機は非常に深刻だ。始まったばかりだと言っていい。感染による直接の被害がそれほど大きくなかった国も世界的不況に巻き込まれ影響を受けることになる。過去1世紀で最悪の事態になるかもしれない。」
「こんな状況の中、人々の間で「社会を別の形に変えねばならない」という意識が芽生えている。そのためには現在の経済の方向を変えて「生命を守る産業」に集中する必要がある。「生命を守る産業」」とはすなわち。衛生や食糧、エネルギー、教育、医療研究、水資源、デジタルや安全保障、民主主義にかかわる生産部門のことだ。だれかを守り、他者への共感を重んじる利他的な産業へとシフトせねばならない。

疫病は世界をどう変えてきたのか

「疫病は社会のシステムを変える力を持つ。欧州大陸では疫病が猛威をふるう度、社会に根付いていた信仰や支配のシステムが信用を失い、失墜した。古い支配者に代わって新たな権威が正統性を獲得した。」
「欧州では14世紀、ペストの流行で人口の3分の1が死んだ。支配層だった(カトリック教会という)宗教的権威は救いを求める人たちの生命を救えなかったばかりか、精神的救いを求める人々に死の意味すら示すことができなかった。教会の権威は衰え、聖職者に代わって警察力が力を持つようになった。」

「18世紀末には死の恐怖から人々を守る存在として医師や警察にとって代わった。疫病が近代国家を生んだのだ。迷信や宗教的権威に対し、科学の精神が優位に立つようになった。今回のコロナ危機では利他主義で「生命を守る産業」が確実に勝者となるだろう」

-----中略-----

世界はどこに向かうのか

「従来とまるで異なる。新たな開発モデルに進まねばならない。今回の危機はみんながその必要性に気づく機会になる。暗い面ばかりではなく、前向きに考えようではないか。」
「他者を守るために動く社会こそ、われわれが目指すべき方向だ。生命を守る分野で、自立できる産業力を築かねばならない。道のりは長い。その途中、経済戦争を乗り越えねばならないだろう。それでも考え方を新たにして、希望をもって進んでいこう」
(文:産経新聞 2020.05.10「コロナ 知は語る」

ありがとうございます

もしかしたら今週末には非常事態宣言が解除されるかもしれません。
大阪では出口戦略の指針が3っ表されていますし、新たな危機指針も。
でも、ジャック・アタリさんのようなこれからの、未来へ向けて指針というのは誰も述べてないのではないでしょうか。

ジャックさんがおっしゃた「だれかを守り、他者への共感を重んじる利他的な産業へとシフトせねばならない」のことば。
正直、フランス人でもこのような利他的な思想ができるのだとビックリしました。
この、利他的な思想は日本人が古より当たり前としてきた思いに外ならないのではないでしょうか。
しかし、日本の政治家や経済学者などは今の問題ばかりに悪口をぶつけ合って討論(討論にもなってないか)している。

この禍がもたらしたその後の日本は、世界はどうなっていけばよいのか。
みなさんは考えてますか。
今、生活が困窮しているみなさまも生きているだけでもありがたいことかも。
生きているのだからこれから何度もチャレンジができるではないですか。
今まで培ってきたノウハウを生かして、ジャックさんがおっしゃるような「生命を守る産業」を考えてみませんか。
周りのみなさんが喜んでくれることを。
それが回りまわって、自分をも幸せにしてくれると信じています。

さあ、私もこれからどうするかしっかり決めなければ。
ジャック・アタリさん、本当にありがとうございました。

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

この星が笑顔あふれる毎日となりますように。
Hope there will be a smile everywhere, every day.
これからの子供たちに幸せな世の中となりますように
Wish the world will be full of happiness with children.

#ありがとうを世界中に
#ArigatoAllOverTheWorld

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事