1. HOME
  2. 和のお話し
  3. ときめき☆平成歌舞伎 安積美香さん
  4. 「新薄雪物語」 歌舞伎のよこ道あるき♪第12回

「新薄雪物語」 歌舞伎のよこ道あるき♪第12回

「新薄雪物語」 歌舞伎のよこ道あるき第12回

 

まだ生の舞台観劇は難しいですが

4月に期間限定で公開された「新薄雪物語」を観ました。

観たことのないお芝居だったので、大感激~☆

 

関西では上演されないお芝居?

 

「新薄雪物語」は、人形浄瑠璃として書かれたお芝居です。

人形浄瑠璃の傑作がたくさん生まれた時期に書かれたもので

「新薄雪物語」も現在まで上演され続ける傑作のひとつ。

 

どんなストーリーか、前知識も入れず観たのですが

面白い!

長いお芝居なので、日を分けて観ましたが

食い入るように、画面にへばりついていました(笑)

特に「合腹」の「三人笑い」。

号泣。

何だ!このお芝居!! スゴ過ぎ!!

 

天下調伏の疑いをかけられた(秋月大膳に謀られた)

園部兵衛の息子左衛門と、幸崎伊賀守の娘薄雪姫。

ふたりの命を助けるために、ふたりの父親が自ら腹を切る(合腹)。

疑いをかけられた日から、「笑う」ことを忘れていたけど

死を前に、笑おうじゃないか。

と。

 

悲しくて悲しくて、無理矢理笑う兵部の妻の魁春さん。

その時点でもう、耐えきれなくて大泣き。

続いて兵衛の仁左衛門さん。

痛みをこらえながら、けど心晴れやかな笑い。

最後は、伊賀守の吉右衛門さん。

若いふたりの命を助けることができた、慈悲の笑い。

もう、もう、も~~~嗚咽です。

 

 

これが、歌舞伎座三月大歌舞伎の「新薄雪物語」のポスター。

吉右衛門さんが持っているのは、

左衛門の首が入っている(と見せかけた)首桶。

仁左衛門さんは、笑う直前の重苦しい顔。

このふたり、この時点ですでに自分の腹を切っています。

仁左衛門さんのお顔、よーく見てください。血の気がありません。

 

こんな素晴らしいお芝居を、観ることができて

ある意味、コロナさんに感謝します。

実は、このお芝居

関西では、観ることができないのです!

それは、幸崎伊賀守と園部左門という役が、

座頭級の役者さんでないと勤められないから。

地方公演に座頭級の役者さんが2人出演されるというのは

なかなか、難しいのです。

 

過去の上演記録を調べてみると…

歌舞伎座以外での上演は1952年の大阪歌舞伎座まで

遡らないとありません。

68年前~っ!!!

 

いつまで待っていても、関西ではムリかな…(涙)

映像ででも、観ることができて本当によかった。

いつか、生で観たいです!

 

薄雪姫と左衛門はどうなった?

 

いつもの悪い癖。

ふたりの両親のおかげで、逃げ落ちたふたり。

舞台は、両親が六波羅へ向かうところで幕。

その後、どうなったのかしら?

って、気になりませんか?

 

この物語の主軸は、

「薄雪姫と左衛門の純愛物語」と

もうひとつ、「団九郎と国俊の対決!」

「三人笑い」では、ないのです。

 

薄雪姫と左衛門は、別々に落ち延びましたが、

奴妻平の実家、大和の国で無事落ち合います!

追手が迫り、危ういところ

妻平の家族が身替りになり、難を逃れます。

この場面は、「当麻の段」と言うそうですが、

文楽でも1844年以降上演がないそうです。

義経千本桜でいうところの「すし屋」のような場面。

とっても重要で、見せ場もあるのですが、残念です。

 

団九郎と国俊って誰?

序幕、左衛門が清水寺に奉納した刀に

天下調伏のやすり目を入れた(秋月大膳の命令)、のが団九郎です。

この人は、刀の名工正宗の息子。

奉納された刀を作ったのは、もう一人の名工国行。

団九郎の怪しい行動を目撃した国行は、大膳に殺されてしまいました。

国俊は、国行の息子。

団九郎、国俊とも修行中の身。

名刀造りに欠かせない「秘伝の技」を、まだ受け継いでいないのです。

 

国俊は身分を隠し、正宗に弟子入りしていました。

まじめに修行する国俊。

汚い手を使ってでも、技を得ようとする団九郎。

正宗は、国俊が国行の息子であることも、

団九郎が大膳に組していることも承知していました。

立ち廻りの末、秘伝の技は国俊へ。

(正宗が息子団九郎の腕を切り落としちゃった! ひぇ~っ!)

もともと、正宗と国行は兄弟弟子。

同じ師匠から学んでいた仲。

自分の息子ではなく、国俊へ伝承するのは筋違いという訳ではなかったのです。

 

大詰めは、薄雪姫と左衛門が

大膳(親の敵)と果し合い。

都随一の腕と言われる大膳に、

果敢に立ち向かう薄雪姫に、びっくり!

怪我をするも、薄雪姫~左衛門~妻平と

リレー方式で、討ち果たして幕!

めでたし、めでたし~。

 

 

歌舞伎では、「刀鍛冶正宗内の場」は、何度か上演されているようです。

それ以外の「場」は…。

もしかしたら、台本も残っていないのかも?

たっぷり通しで、どなたか復活してくれないかしら?

 

暇なので、妄想癖が重症化中…

深刻化する前に、劇場が開くとよいな(笑)

 

2020(令和二)年 皐月 安積美香

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事