1. HOME
  2. 和のすてき
  3. ときめき☆平成歌舞伎 安積美香さん
  4. 「舞台機構」 歌舞伎のよこ道あるき♪第15回

「舞台機構」 歌舞伎のよこ道あるき♪第15回

「舞台機構」 歌舞伎のよこ道あるき♪第15回

 

関西でも少しずつ、生の舞台を観劇できるようになってきました!

いろいろな制約はありましたが、やっぱりよいですね~☆

枯れ枯れの心が潤います♪

 

◆裏方にも「カブキ者」

 

8月南座と9月松竹座で、

舞台体験ツアーが開催されました。

 

 

大変な人気だったようで、参加できなかったのですが、

廻り舞台やセリを体験できたそうです。

 

前回、「カブキ者」について書きましたが、

カブキ者は、役者さんだけじゃなかった!

舞台を支える裏側の人たちにも、カブキ者がいっぱい!

並木正三もそのひとり。

大坂で活躍した狂言作者さんです。

 

今、当たり前にある

大セリ、廻り舞台を作った(定着させた)のは、この人なんです。

そして、舞台の形を変えたのもこの人。

それまでの歌舞伎の舞台は、能舞台と同じ形でした。

 

1758(宝暦8)年12月、

「三十石艠始(さんじゅっこくよぶねのはじまり)」という

お芝居の大切(おおぎり=ラスト)で

どうしても2つの場面を同時進行で見せたかった正三は

舞台の表と裏を廻して見せる方法(廻り舞台)を思いつきます。

けどそのためには、大きな舞台が必要。

はっ!橋掛かりを取ってしまえば、舞台が広くなるやん!!

大坂角座の座元、座頭、棟梁などを説得して

これまで誰も見たこともない

廻り舞台のついた、芝居小屋の端から端まで本舞台という舞台が誕生したのです。

 

幕が開いた瞬間の「なんや、これっ!!」

それだけで、大興奮☆

お客さんのどよめきが聞こえてきます。

今回の芝居は、何かが起こる!ドキ、ワク!

最後には、舞台が廻った~!!!

いやぁ~~~。体験したかった(笑)

 

もちろん舞台は大ヒット。

4月まで興行延長したそうです。

そして、瞬く間に大坂、京、江戸の芝居小屋へ

歌舞伎専用舞台が、広がっていきました。

 

歌舞伎は、はじまって150年経って

ようやく、自分たちの専用の舞台を持ったんですね。

今、当たり前に見ている舞台は、

初代坂田藤十郎も初代市川團十郎も知らないのです。

菅原伝授手習鑑も、義経千本桜も仮名手本忠臣蔵も

初演は能舞台だったんです!!

へえ~~~。逆に観てみたい(笑)

 

◆令和ですが、260年前に逆戻り?

 

わたしの半年ぶりの生の舞台は、「晴の会」からスタート!

近鉄アート館で今年6回目を数える上方歌舞伎若手の会です。

 

 

この近鉄アート館は、歌舞伎専用劇場ではないのです。

しかも、舞台が能舞台のように客席に飛び出していて

セリも廻り舞台も花道もありません。

なんと! 並木正三の前の時代に逆戻りな舞台です。

 

歌舞伎専用舞台が当たり前の時代に、

どうやって歌舞伎を楽しんでもらうのか?

これは、彼らの大きなチャレンジだったと思います。

第一回の「衝立ひとつ」で場面を切り替えるという

斬新な演出は、感嘆しました。

 

大がかりな舞台装置は、テンションも上がります。

けど、舞台装置がなくてもアイデアで度肝を抜かれることもあります。

舞台を見せる人と見る人の心がつながったとき

大きな感動が生まれます。

特に今年は、舞台の幕が閉まるまで

本当に無事に最後まで観ることができるのか不安な状況。

見せる人も、見る人も心はひとつ。

半年間の魂のこもった舞台。

 

「密」が熱狂を生む生の舞台なのに

それを否定された状況での舞台。

制約がある中で、しっかりコミュニケーションが取れる演出になっていました。

ガッチリつながった感覚。

「発する → 受け取る → 返す」のループ。

一緒に、盛り上がりました。

生の舞台の醍醐味ですね。

 

これからの演劇界がどのようになるのか

まだまだ、手探りが続きます。

令和のカブキ者が度肝を抜かしてくれることを期待して。

 

2020(令和二)年 長月 安積美香

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事