1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和のお話し
  4. 陽子の旬をいきる ~重陽の節句~

陽子の旬をいきる ~重陽の節句~

~和食の暦~ 重陽の節句の献立

こんにちは。
寺内町処の女将、陽子です。四季を感じる食材で、旬の味覚を再発見
一汁三菜を発酵調味料で組合せたメニューをご紹介。

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

 

■二十四節気 白露 重陽の節句のおすすめ献立

明日9月9日は一年の最後の五節供である重陽の節句(菊の節句)
平安時代の初めに中国より伝わりました。
古来中国では、奇数は縁起が良い「陽数」、偶数は縁起の悪い「陰数」と考えられ、陽数の最大値である「9」が重なる 9 月 9 日を「重陽」と呼び、節句の 1 つとしました。
菊は【高貴な香りが邪気を祓う】と言われており、菊の香りを移した『菊酒』を飲んで邪気を祓い、無病息災や長寿を願います。

 

■重陽の節句 おすすめ献立
✏️ブルーベリーの酵素ジュース
✏️菊酒
✏️ホタテ・枝豆・菊・イチジクの酵素酢物
✏️ミニマロンカボチャ炊いたん
✏️十全茄子とピリ辛豚肉和え
✏️秋鮭西京焼き
✏️海老と蓮根の吸い物
✏️栗ご飯
✏️ぜんざい風甘酒&梨

 


菊酒🌸

 


ホタテ、枝豆、菊といちじくの酵素酢モノ


ミニマロンカボチャの炊いたん ナスタチウムの花添え

 


『くんち』に欠かせない茄子料理は自家製豆板醤でピリ辛にし、秋養生バッチリ😉

 


秋鮭西京焼き

 


海老と蓮根と菊の葉の吸い物

 


初もの 栗ご飯

 


別腹のデザート なっちゃ&ぜんざい風あま麹&梨新甘泉

 

重陽の節句は作物の収穫時期と重なるため、庶民の間では「栗の節句」として「栗ごはん」を食べて祝っていました。
さらに、「くんち(九日)に茄子を食べると中風にならない」という言い伝えもあります。
「くんち」とは、収穫を祝う秋祭りの総称の 1 つで、旧暦の 9 月 9 日、19日、29日に行われた
「中風」とは、発熱や悪寒、頭痛などの症状の総称です。
重陽の節句に茄子料理を食べ、不老長寿や無病息災を祈りました。

今回も長野県の肥料からこだわっている旬の無農薬 #勇太野菜 数種類使い、豚肉や旬の果物を発酵調味料で組み合わせています。

これからも大切に伝えていきたい大切な日本伝統文化の一つです
食べ物や身の回りの物を少し気にすることにより、身体にやさしく労ることができます
季節を感じ、旬の食材でからだにやさしい事はじめましょう

旬をいきる
日本だからできる喜びです

 

📍次回の二十四節気おすすめ献立

~白露 秋彼岸と中秋の名月~

✏️9月17日(金) 満席
各回 11:30-15:00
定員 7名
先ずは座学『二十四節気と養生のおはなし』
昼食は13時過ぎからとなります
参加費 3500円

~白露 中秋の名月&シンギングボール音浴LIVE~

✏️9月18日(土) 残2席
先ずは座学『二十四節気と養生のおはなし』
夕食は17時過ぎ~
音浴LIVEは19時過ぎ~となります
参加費 5000円

~秋分 大安一粒万倍日~

✏️9月28日(火)
各回 11:30-15:00
定員 7名
先ずは座学『二十四節気と養生のおはなし』
昼食は13時過ぎからとなります
参加費 3500円

メッセージにてお申し込み下さいませ
info@wanosuteki.jp

寺内町処では殆どの野菜を長野県 関 勇太 さん、 津金美雪 さんの無農薬野菜を使っています。
生産者の顔が見えるだけでなく、栽培方法もわかる安心安全な新鮮無農薬野菜を使うことで、棄てるモノを最小限に押さえ、野菜を丸ごと食せます。

長文お読み頂きありがとうございます。

#旬をいきる
#五節供
#二十四節気
#白露
#和食
#発酵食
#発酵モノ
#発酵調味料
#季節の野菜箱
#日本伝統文化
#すてき日本
#からだにやさしい
#おいしい時間
#たのしい時間
#ありがとう
#感謝
#和のすてき
#和の心ありがとう寺内町処
#酔いどれようこ亭

 

この星が笑顔あふれる毎日となりますように。
Hope there will be a smile everywhere, every day.
これからの子供たちに幸せな世の中となりますように
Wish the world will be full of happiness with children.

#ありがとうを世界中に
#ArigatoAllOverTheWorld

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

よふ古のはっこうせいかつ講座

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事