1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和のお話し
  4. わがまま 我儘 我侭

わがまま 我儘 我侭

「わがまま」とは?

こんにちは。
最近とっても我儘な私(笑)、と思ってしまう。
京都に雅鸞洞をこしらえたり、自由気ままに好きなことをしている私だから。
そんな自分勝手な人を我儘と世間では言いますよね。
本当に我儘とはそう云うことなのでしょうか?
言葉の意味って「今はこう解釈するけど、本当はこうなんだよ」ということ多々ありますよね。
なので、とても気になる言葉「我儘」を覗いてみました。

ありがとうを世界中に
Arigato all over the World

 

「我、人に尽くす」と書いて我侭(わがまま)と読みます

わがままは我侭や我儘と書きますが、「尽」は「盡」の簡体字で同じく尽くす、盡くす(つくす)とか、尽く、盡く(ことごとく)などの意味があります。
わがままってこういう意味が隠れていたのかもしれませんね。
それに「まま(侭、儘)」には「そのまま」「あるがまま」といった意味もあります。
わがままとは「本来の自分のまま」ということなんですよね。
本来の姿というのは自分も他人も世界もすべてが満たされる。
そんな道があります。

たとえば人の体の一個の細胞は、それ自身のためにも生きています。
でも他の細胞なくしては生きられないし、その細胞にはなんらかの役割があって、それは必ず他の細胞の役にたっている。
そうやって全体の一人の人間は健康に生きられている。
ひとつ注意したいのは、尽くすとか、役割とかいうと「何かしなくちゃ」って義務感にかられてしまうこと。
何もしないのもひとつの役割ということもあります。

働かない働きアリ 集団存続に必要 働きアリだけは滅びる
「待つ」というのもひとつの行動だったりします。
結局、表面的なところでは本当のところは分からない気がします。
「我、人に尽くす」と書いて我侭(わがまま)と読むということ。
人の心の奥深いところで間違いなく、この心が働いている。
そんなことをこの言葉は物語っているんだなぁと思いました。
文:「いのちにつながる」より

 

 

我儘の「儘(まま)」とは?

「儘よ」とは「ままよ」と読み、どうにでもなれ、勝手にしてくれ、といった意味で、なす術がなく成り行き任せにする、といった意味になるとの事。
時代劇などで耳にする「ええい!ままよ!」などと使われる語句の事だったようです。
そもそも「儘(まま)」とは、そのまま、昔のまま、イメージのまま、などと使われる、変化のない状態や思い通りの状態、といった意味をもつ語句との事。
さらに調べてみると、我儘(わがまま)、なすがまま、着の身着のまま、と言われてみると様々なところで使われている語句だったようです。
ちなみに場合によっては、「随」「任」とも記述するとの事。
なるほど!確かに言われてみれば「まま」って何?と思うところでしたがこれまで気づきませんでした。
あのねのねの「アリのままでいたかった蟻は、ありのままだった」との歌詞が思い出されます。年齢がバレてしまいますね。。(文:言葉文章文言関係さんより)

 

我儘の反対語「我慢」とは?

それでは、我慢とは。
「私がガマンすることで、私のおかげで」という「我慢」は、文字通り「我の慢心」という側面をその一方ではらんでいます。
辞書的意味からみると、広辞苑によれば「①自分をえらく思い、他を軽んじること。高慢。②我意を張り、他に従わぬこと。我執。強情。」という意味を「我慢」はもち合わせています。
我慢する子、我慢できる子は、本来的にそういった性質、行動の特徴もどこかに兼ね備えているものなのかもしれません。
常に自分を押し殺して、堪え忍びながら辛抱して他人の考えや行動に合わせるということは、その一方では我を張り、他者の人格を軽んじていることに他ならないとも考えられるわけです。
我慢しない、できないということは、それだけ柔軟で我意を張らずにいられるということなのかもしれません。
「我慢」がよくて「我儘」がダメという構図は、全ての親と教師が一考を加える価値があるのではないかと思えてきます。
(文:京都府教育委員会より

 

 

ありがとうございます

「我儘」いかがでしたか。
一番大切にするのは何ですか?
それは自分ですよね。
たった一回の自分の人生、楽しくすてきな毎日を過ごしたいですよね。
他の人に気を使って自分のしたいことをおさえて、それがお利口さんって言われたってつまらない。
心配いらないですよ。
自分をちゃんと大切にできる人は、周りの人のこともちゃんと大切にできます。
だって、何をされたら嬉しいか、何をされたら嫌かがわかるから。

イキイキしている人を見ると、こちらまでイキイキしてきませんか。
イキイキ!ウキウキ!って。
きっとその方は自分を大切に、そして周りの人も大切にされてると思います。
いつもいつも、いっぱい「ありがとう」って思っているから。
そんな人でいっぱいになりますように。
もしかしたらコロナもそんなことを言いたいのかも(飛躍しすぎ?)
一生一度の人生、自分を大切に楽しくすてきにお過ごしくださいネ。

今日は親父の誕生日、生きていれば90歳かな。
とっても我儘な人、とっても素敵な人生を送った人。
親父みたいになろっと。

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

この星が笑顔あふれる毎日となりますように。
Hope there will be a smile everywhere, every day.
これからの子供たちに幸せな世の中となりますように
Wish the world will be full of happiness with children.

#ありがとうを世界中に
#ArigatoAllOverTheWorld

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

よふ古のはっこうせいかつ講座

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事