お茶 | 和の素敵 - Part 2
Slider

日本の素敵を世界へ発信する、
和のメディア

お茶

名月を愛でながらお茶を一服  名残りの茶事

(写真:十二世梅若万三郎筆「野中の草の露ならハ」 目片宗弘さんのご本「茶道具が語る年中行事」より)  名月を愛でながら一服 こんにちは。旧暦の神無月(十月)(11月8日が朔日)ともなると、さまざまに物思いの限りを尽くし、今は遥かに去った時々の思いが、落葉の始まった木々の間から変わらずに訪れる月の光に誘い出され、爽やかな月の光とともに「心づくしの秋」となって訪れます。今日は目片宗弘さんのご本「茶道具が語る年中行事」(取り合わせの知恵十二か月)から十月のおはなしを。 後の名月 ”木の間より もりくる月の 影見れば 心づくしの 秋はきにけり” 「古今和...

お茶は本当に素敵 どうしてこんなに美味しいの2 急須について

  たかが急須 されど急須 知らないことばかりの急須 こんにちは。先日も書きました素敵なご縁。 阪急百貨店B2で「日本の美意識 お茶を味わい、時を感じる」という祭事で「お茶の飲みべコーナー」をお客さまとお茶を楽しませていただきました。お茶の大好きな方がいっぱいいらっしゃいます。 でも、街の中にはスタバはじめコーヒーや紅茶のお店はたくさんありますが、日本茶で一服のお店は少ないですね。 日本茶で「ほっ!」とできるお店が増えればいいですね。先日は冷茶のお話しから、お茶を生成する過程の「蒸し」によって味の違いが大きく表れることを書きました。 今日は...

お茶は本当に素敵 どうしてこんなに美味しいの

  お茶は美味しくて楽しい こんにちは。ありがたいご縁をいただきました。 9月26日から10月2日まで阪急百貨店B2で「日本の美意識 お茶を味わい、時を感じる」という祭事で「お茶の飲みべコーナー」をお客さまとお茶を楽しませていただきました。宇治と静岡のお茶の飲み比べ。 冷茶と湯茶。 湯茶も60℃と90℃。 お客さまとお茶の話から日本人って?と話はつきることなく学びがいっぱいある素敵なときを過ごしました。 宇治のお茶と静岡のお茶 煎茶をいれて味比べ。 みなさまはどんな違いを想像されますか。先ずは冷茶から。 氷水に茶葉を入れて30分、そ...

「茶樹王」と「神農」 お茶はいつから飲まれたのでしょうか (お茶の学び)

  茶は四千年前から飲まれていた こんにちは。 昨日の続きで、今日はお茶の歴史「いつから飲まれてたの?」お茶はいつから飲まれたのでしょうね。 中国に「漢方は二千五百年。茶は四千年」という言葉があるそうです。 漢方薬は二千五百年前から使われ出し、茶は四千年前からあると言うことだそうです。  樹齢八百年の木 現在「茶」の木の原産地は雲南省と四川省に近い山間部とされています。 その雲南省の南糯山に「茶樹王」と言われる大木があります。 樹齢は八百年、主幹の直径1.08m、樹高9mといわれます。 この大木の説明は「哈尼族の伝説によれば、...

お茶の学び やっぱりお茶は身体にいいですね。

  お茶の神さまが こんにちは。私、今、梅田の阪急百貨店Biで「宇治と静岡のお茶の飲み比べ」をさせていただいてます。 お茶のことで改めて学ぶことがいっぱい。 お客さまからもいろいろ教えていただき、とっても楽しいです。 お抹茶、お煎茶はもちろんのこと、いつから日本にお茶があるの? 誰が日本でお茶を広めたの? お茶は身体にいいって本当? 質問や自分で話しながら「あれっ?どうなんだろう」って。 とってもいい機会。 神さまが「お茶のことをもっと勉強しなさい」って言われてる気がするので、勉強していきます。先ずは過去の記事から改めて。 ...

お茶は日本文化への扉 いろいろな入り口から楽しみましょう

  お茶は日本文化への扉 こんにちは。茶道は総合芸術、千利休は芸術プロデューサーとはよくいわれますが、さていったいどういうことでしょうか。 茶室や茶道具には国宝に指定されているものも多いですが、経験のある人もない人も、ちょっとお茶会のようすを想像してみてください。まずお客さまは露地を通って茶室に入ります。 茶室に漂う香の匂いを楽しんで、床の掛け軸や飾られている花を観賞して、茶碗で茶をいただき、お菓子を食べます。 茶道具を拝見して、ときに茶釜の下の炭の具合を見て、湯の沸く音すら「松風」と呼んで鑑賞します。  茶の湯のありとあらゆる部...

「お茶会を百倍愉しむためのお稽古」第一回 藪内流若宗匠 福田竹弌

  「お茶会を百倍愉しむためのお稽古」 こんにちは。昨日、藪内流若宗匠、福田竹弌の「お茶会を百倍愉しむためのお稽古」を行いました。 11名の方のご参加をいただき、楽しく学びの多いお茶のお稽古をすることができました。先ずは、若宗匠によるお話から。 お茶会にお呼ばれすると、初心者の私たち「どうしよう!!」ってなりますよね。 そんな時、これだけ知っておけば、ここがちゃんとできればOKってお話から頂きました。 お茶室といえないお茶室へ そして、次に場を手作りお茶室へ。 とてもお茶室とは言えませんね。 すいません。 でも、...

藪内流若宗匠 福田竹弌の「お茶会を百倍愉しむためのお稽古」 全6回

       毎月一回の全六講です。 ご予定のつく時だけでも結構ですよ。 立派な茶室はございませんが、仲間で趣のある空間を作りました。 正座の苦手な方も、気にしない!気にしない! お気軽にご参加下さい。場所:和の素敵事務所内 大阪市中央区淡路町2-4-6 第3エーシービル4階 時間;毎回、15:00~17:00 連絡先:06-6209-0866会費は最終回を除いて、...
Translate »