1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和のご本
  4. 皇學館大学退任記念「神道論集」 著:白山芳太郎

皇學館大学退任記念「神道論集」 著:白山芳太郎

 

私が多くの人に読んでいただきたい一冊です。

 

世界の諸民族が築いた文化を研究するためには、当核民族の基層信仰がどのようなものかということが重要な課題である。

したがって、日本文化の場合も、それがどのような性格を持ち、どのような価値があるのかを知るためには、日本民族の基層信仰である「神道」の研究が、重要であると考える。

そういった考察を一書にまとめてみた。

(本文「はじめに」より)

 

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事