1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和の徒然
  4. 綺麗な女性になるための心構え

綺麗な女性になるための心構え

女性は、いつの時代も美しくありたいとお洒落をします。 綺麗な女性に憧れを抱き目標にしながら、理想の女性に近づける努力をしますよね。 しかし、同じブランドの洋服に過激なダイエット…というような、見た目だけを重視する傾向が、今の女性には多く見られます。 昔から女性の憧れとして、「大和撫子」を目標に自分磨きをしていました。 活発な女性も素敵ですが、控えめで清楚な美しさを秘めた女性も古風なイメージがあり素敵ですよね。

大和撫子とは

撫子という花は、花びらの先端がいくつも細かく分かれていて、繊細なのに華やかに見えますよね。 ひっそりと咲く姿は、優しさを秘めているようにも感じます。 大和撫子とは、撫子の花のように凛とした品格があり、謙虚で節度をわきまえることが出来る気配り上手な女性を指しています。

知識と教養を身につけること

綺麗な女性には、知識と教養が求められます。 美人は三日で飽きるという言葉がありますが、どんなに見た目が綺麗だからと言っても、中身の薄い人間ではすぐに飽きられてしまいますよね。 最近では、パソコンやスマホの普及の影響により、漢字が書けないことが問題になっています。 文字を書くことが少なくなっている時代ですので、無理もないと言えば簡単に済まされてしまうのですが、スラスラと漢字を書ける女性を見掛けると、どこかホッとさせられることがありますよね。 様々な出来事に触れて、多くを吸収していく。 経験したことや学んだ知識を、活かせる努力を怠らないことが心構えの一つになるでしょう。

言葉遣いも美しく

話さなければ美人なのに…。 言葉を発することで、周囲から残念がられる綺麗な女性もいますよね。 若者言葉と呼ばれるような、略語やネットの造語など。 周囲でも何気なく使われていることから、何の疑問も抱かずに言葉にしてしまうことがあります。 現代用語ばかりに囚われてしまうと、美しい日本語を話す機会が失われてしまいますよね。 流行りも時には大切ですが、本当に必要なのは正しい言葉の使い方ではないでしょうか。 言葉遣いに気を付けるだけで、考え方や雰囲気も良い意味で変化がみられます。

仕草に女性らしいこだわりを…

女性らしい仕草をしようと思っても、自分の中に眠っている女性らしい仕草が、発揮出来ないことがあります。 常に誰かに見られているという意識を持つことで、程よい緊張感を保つことが出来ますよね。 手は様々な人が注目し、印象に残りやすいことから、指先まで意識をした仕草が求められます。 立っている時も背筋がピンと伸びて姿勢が良くなりますし、周囲を意識することで身だしなみにも目が届くようになりますよね。 少し意識をするだけで、女性らしい柔らかなしぐさになりますので、難しく考えないことがコツになるでしょう。

綺麗は内側から溢れるもの

外見だけでなく、内面も綺麗な女性が理想であり憧れますよね。 自分をしっかり持っている人と接すると、内に秘めた強さを感じます。 このように、綺麗な人は、凛とした印象を受けますよね。 それは、地に足をしっかりとつけている証ではないでしょうか。 周囲に流されてしまうのではなく、心の芯を持つ強さが綺麗を生み出している気がしますね。 自分を信じているからこそ、誰にも真似ができない美しさがあなたを輝かせています。   内面を綺麗に磨いていくと、前向きな気持ちが強く表れ、周囲にプラスの影響力を与える存在へと変化していきます。 あなたが目指す綺麗な女性像が、しっかりと頭の中でイメージをすることで、今の自分には何が足りないのかを知ることが心構えの一つになるでしょう。 作法を学ぶカルチャースクールもありますので、基本的な作法を学びたい人に人気がありますよね。 興味を持ったことを、たくさん吸収して身につけていくことが、美しい内面作りの始まりです。   和服の男が人に与える和の印象とは 和服の普段着で気軽に和の心を楽しもう 和装に似合う洋髪!素敵に見せる基礎知識]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事