1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和の徒然
  4. 福寿草 春はそこまで

福寿草 春はそこまで

 

 

きいろいひかりみたいな福寿草。

 

もう一つの名前は。元日草。

 

旧暦のお正月(今年は2月16日)が近づく、ちょうど今ぐらいの時期、まっさきに咲いて、春をおしえてくれる花でした。

 

旧暦の元日はもっと春めいていて、新しい季節の気配がしてうれしかったろうな。

初春。

迎春。

できたての春。

 

一月も終わり頃、つめたい風が、パリンと音をたてて凍るような青空の下、福寿草が土をぬくめるように、暖かい色で咲きはじめます。

 

福寿草は近くのお寺の庭で、ひっそり地味に咲いています。

アイヌ語では「クナウノンノ」。

春の神さまからもらう金色の宝物。

(文:「ひらがな暦」おーなり由子さん著)

 

ありがとうございます。

 

種から花を咲かせるのに、なんと五年以上。

新春を祝う金色の花。

福を招く縁起の良い花として「福寿草」の名がつきました。

旧暦のお正月に開花するので、正月の床飾りとしたそうです。

 

自然はいつわることなく、毎年毎年一生懸命、季節を知らせに姿を現してくれます。

そんな息吹、気がつきますか。

素敵なことですね。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとございます。

自然とともに過ごしていきましょうね。

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事