1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和の徒然
  4. 春を告げる「お水取り」

春を告げる「お水取り」

 

春を告げる「お水取り」

こんにちは。 先輩でいつも大変お世話になっている、東大寺の北河原猊下から修二会について教えていただきまして。 古都・奈良に春を告げる東大寺二月堂(奈良市)の修二会(しゅにえ=お水取り)が1日、本行に入りしました。 二月堂の舞台では、「練行衆(れんぎょうしゅう)」と呼ばれる僧侶たちを先導する「お松明(たいまつ)」が豪快に火の粉を飛ばし、夜空を焦がします。 修二会は奈良時代から途絶えることなく続き、今年で1262回を数えます。   午後7時すぎ、鐘の音を合図に、長さ6メートル、重さ40キロの燃えさかるお松明を担いだ童子(どうじ)が練行衆を先導します。 お松明を舞台で豪快に振り回すと、舞い散る火の粉に参拝者が歓声があがります。 火の粉をかぶると、一年を健康に過ごせるとされています。  

ありがとうございます。

お松明は14日まで毎晩続きますよ。 この週末は、春をいただきに奈良へお出かけください。 http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130301/wlf13030120140021-n1.htm   今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 お松明の火の粉をいただいて、今年も元気で過ごしましょうね。  ]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事