1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和の徒然
  4. 6月16日は「嘉祥の日」 和菓子の日ですよ

6月16日は「嘉祥の日」 和菓子の日ですよ

 

嘉祥の儀

こんにちは。 和菓子とお茶が大好きな私。 毎年6月16日は和菓子協会によって、「和菓子の日」とされています。 なぜこの日なのか? 由来は平安時代に始まる?「嘉祥の儀」 疫病が流行し多くの人々が病に倒れました.. 西暦848年、豊後の国(大分県)から白い亀を献上されたことを吉兆として、嘉祥元年と改元されました。 6月16日、時の仁明天皇が神前に菓子16種類を供え、疫病よけを祈願されましたら、たちどころに疫病がおさまり、祈願成就されたということであります。 (他にも諸説ありますが・・・)  

疫病を払い福を招く

  この嘉祥祝いの行事は、疫病を払い福を招くとされ、江戸幕府は盛大に嘉祥の賀儀を行ったということであります。 民間でも嘉祥喰といって、16文で餅16個を買って無言のまま食べる風がありました。 また、この夜、16歳の女子は、振袖を切って詰袖にし、嘉祥菓子の饅頭を盛った土器に孔をあけて、その穴で月を見る習俗があり、これを月見の土器といったそうです。   (三色団子は、私の小さい時から大好物なので・・・)  

ありがとうございます。

和菓子、まずは耳で楽しむってご存知ですか。 和菓子には職人さんの思いが詰まった名がつきます。 その名を聞いて、どんな菓子かなと想像して楽しむそうです。 それぞれの和菓子は、季節の顔を持っていて、可愛いですよね。 16種類の菓子! どんな種類の菓子だったのでしょうか? どなたか、ご存知ですか。   今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 和文化は、古からの言い伝えがたくさんありますね。  ]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事