1. HOME
  2. 和のお話し
  3. 和の徒然
  4. 「糊こぼし」という椿  お水取り飾る紅白の花

「糊こぼし」という椿  お水取り飾る紅白の花

和の心 20140222 椿 和菓子 (写真:江戸創業の奈良の老舗「満々堂通則」の銘菓)  

お水取り飾る紅白の花

こんにちは。 底冷え厳しい古都・奈良に春を呼ぶ、東大寺「お水取り(修二会・しゅにえ)の準備が始まりました。 3月1日から15日まで。 早いですね、もう一年たつんだ。 「別火(べっか)」と呼ばれる前行で、お水取りで二月堂にこもる僧侶が、世間とは火を別にして精進に入ります。   行の一つとして、仏前に飾る美しい造化作りが行われるのをご存知ですか。 紅白の花びらに白色が交じった「糊こぼし」という椿。 奈良三銘椿の一つ(他に伝香寺の散り椿、白豪寺の五色椿があります)で、東大寺の開山、良弁の像をまつる開山堂(国宝)にあります。 まるで糊をこぼしたような風情からその名がついたそうです。   花が咲くのは、お水取りが終わって後、3月下旬ごろ。 開山堂自体も普段は公開されておらず、例年、堀の外から見ることが多いのですが、二月堂の売店で、その椿を模したかわいらしい携帯ストラップがあります。 5弁の花びらのうち2枚が白い糊こぼし。 チリンチリンと鳴る鈴の音が、まだ少し先の春を呼んでくれます。 (文:産経新聞・いい古都みつけ)   写真は、江戸創業の奈良の老舗「満々堂通則」の和菓子「のりこぼし」 美味しそう! 和菓子大好き。 今日はお茶のお稽古。 今日の和菓子は「橘」です。 楽しみ!]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事