1. HOME
  2. 和のすてき
  3. 和の徒然
  4. 甘酒でほっこり。日本古来の発酵パワーで冬の寒さを乗り切ろう!

甘酒でほっこり。日本古来の発酵パワーで冬の寒さを乗り切ろう!

甘酒でほっこり。日本古来の発酵パワーで冬の寒さを乗り切ろう!

日本の伝統的な甘味飲料である甘酒。初詣や初売りなど、お正月のお祝いをこめて振る舞われるのもよく見かけますが、この甘酒、近年では美容・健康にも効果のある発酵食品としても注目されており、若い女性などの間でも密かなブームとなっているようです。

甘酒の歴史

甘酒の歴史は古く、奈良時代に編集された“日本書紀”に記される“天甜酒(あまのたむざけ)”という飲み物がその起源だと考えられています。 平安時代には、夏場に貴族が冷やした甘酒を楽しむ様子が伝えられており、また江戸時代に入ると“甘酒売り”という商売も生まれ、栄養豊富で体力回復にも効果のある“夏の栄養ドリンク”として庶民に親しまれるようになりました。夏の風物詩として楽しまれるようになった甘酒は、俳句でも夏の季語として使われています。 冬に温めて飲むイメージの強い甘酒ですが、実は夏の飲み物だったのですね。

甘酒には二種類あります

甘酒には、作る過程により大きく二種類あります。ひとつは酒粕から作られたもの、もうひとつは、米と米麹から作られたものです。 どちらも発酵食品として、高い健康効果が見直されているのですが、その成分や効能にはそれぞれに異なった特徴があります。

酒粕タイプの甘酒とその効能は?

酒粕タイプの甘酒は、日本酒を作る際に搾りかすとしてできる酒粕に、お湯と砂糖を加えて作ったもの。酒粕自体がアルコールを含むため、温めたものであっても、多少のアルコール分を含みます。搾りかすである酒粕に、栄養はほとんど含まれていないのでは?と思われがちですが、実はとっても栄養価の高い食い食品。 中でも、酒粕に含まれる“レジスタントプロテイン”というたんぱく質は、今最も注目される健康成分のひとつ。油分を吸着して体外に排出されることで、便通が改善されたり、悪玉コレステロールを下げたりという効果が発表されています。 また食物繊維が豊富で、便秘解消はもちろん、血糖値やコレステロール、血圧を正常に保ってくれる働きもあります。 さらには美肌効果も抜群!肌の角質層で細胞同士をつなげて肌の潤いを保ってくれるスフィンゴ脂質や、美白にも効果的なビタミンB群も豊富です。

米麹タイプの甘酒とその効能は?

一方、米麹タイプの甘酒は、米と米麹を発酵させて作ります。アルコール分は含まないので、子供や妊婦さんでも安心して飲むことができます。発酵の段階で自然な甘さが出るため、砂糖を加える必要もなく、甘酒そのままでも甘味料として使用できるほど。 成分が病院で使われる点滴に近いことから“飲む点滴”とも言われているのはこちらのタイプです。 含有成分であるオリゴ糖と食物繊維が腸内の善玉菌を活性化させるため、便秘にも効果的。さらには、筋肉や血管、脳などの細胞を作る上で不可欠な、必須アミノ酸と呼ばれる9種類のアミノ酸がすべて含まれているそうです。 またこちらもビタミンB群が豊富で美肌効果もあり、砂糖を加えずに飲めることから、ダイエットにも向いているようですよ。 ただ、米麹に含まれる酵素は熱を加えると働かなくなってしまうため、冷たいままで飲む方がその効果も得られやすいようです。

効果を知ってシーンによって飲み分けよう!

甘酒といっても2つのタイプがあり、作り方や効能にも違いがあることがおわかりいただけたかと思います。 酒粕にしかり、米麹にしかり、どちらも先人たちが生み出した、麹菌による発酵の力を使った賜物だといえますね。 酒粕タイプの甘酒は、温めてほっこりと。米麹タイプの甘酒は、酵素を採りこむ栄養ドリンクとして・・・というように、シーンによって飲み分けて、それぞれの効果を得るのもよさそうです。 最近ではスーパーでも様々な種類の甘酒が並んでいますね。その成分などもチェックして頂きながら、お好みのものを見つけてみてはいかがでしょうか。   発酵について学んでみましょうⅡ <叔父の教え> 発酵について学んでみましょう  <叔父の教え> 囲炉裏を使ってみたい!〜旅館での様々な体験スタイル〜 お猪口(おちょこ)の底に二重丸、どうして?  ]]>

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

たくさんの「ありがとう」をYouTubeにて公開中

にほんよいくに-日本の心を学ぶ絵本(6冊セット)

にほんよいくに 日本の神さま 葉室頼昭著

最近の記事